明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせる

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 この日の放送では、爆笑問題の太田光から<このコーナーは完全にセクハラです>と注意されたエピソードを明石家さんま自身が笑い話として紹介。さんまは太田の指摘を受けて反省するどころか、「ファンのためにも、(飯窪ら出演女性は)笑ってごまかしながらセリフを読むのではなく、もっと真剣にやるべき」と持論を述べた。

<(このコーナーは)リスナーのための夢の世界やな。君らがセクシーな言葉を言うというのは。どれだけファンにとってはありがたいことか。本当に。中学生・高校生で俺の好きな人がそういうことを言ってくれたら、宝物になっていたからね。それぐらいのことを(やっていると)君らこのコーナー(のことを)考えた方がええわ>

 こうした発言を受けてSNSでは「ヤン娘。はいやせません!のコーナー」の意義をめぐって批判的な声が多く投稿されている。

 なかには、MBSの視聴者センターに<ハロプロのファンの多数はセクシーを求めてません。逆にこのコーナーになったら聴くのをやめる。と言うのをよく見聞きします><「ヤン土」は好きな番組で続けて貰いたい。もっとファンに聴いてもらいたい。だからさんまさんや、スタッフさんにはこういうファンの声を届けていただき、コーナーの改善をお願いしたいと思います>との意見を送ったとTwitterで報告するファンも。

 ちなみに、このツイートには元スマイレージ・アンジュルムの和田彩花も「いいね」を押していた。

 明石家さんまのセクハラ発言や、女性観の問題点はこれまでも散々指摘されてきたことだ。そして「ヤン娘。はいやせません!のコーナー」のように、女性出演者に性的なちょっかいをかけて女性の反応を面白がる企画は、これまでテレビ・ラジオで散々繰り返されてきた。しかし、これがセクハラではなくて何だろうか。

明石家さんま「授乳中も女として見てほしいんやろ?」発言が批判呼ぶ セクハラで冷える空気読めず?

 明石家さんまのバラエティー番組におけるセクハラ発言がまたもや問題視されている。 7月21日放送『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でのことだ。…

明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせるの画像1
明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせるの画像2 ウェジー 2020.07.29

大物芸人・明石家さんまの限界 セクハラ意識と女性観に顕著な時代とのズレ

 お笑いBIG3。日本のお笑い界のトップに君臨するビートたけし(71)・タモリ(72)、そして明石家さんま(63)を指す言葉である。最近このうちのひとり…

明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせるの画像3
明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせるの画像2 ウェジー 2018.08.14

 女性タレントのファンが必ずしも「セクハラ」を求めているわけではなく、また仮に需要があるとしても提供する側が不本意なのであれば「やめる」という判断をしてもいいはずだ。リスナーを楽しませる別のアイデアを用意せず、変化する時代に合わせたコンテンツづくりを頑なに避け、「ファンにとっては嬉しい」などと女性蔑視的な状況を正当化する姿勢は“怠慢”以外のなにものでもない。

1 2

「明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。