関ジャニ∞・安田章大が明かした手術痕と後遺症 「仕方ない」と葛藤の中、前を向く

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
関ジャニ∞・安田章大が明かした手術痕と後遺症 「仕方ない」と葛藤の中、前を向くの画像1

『LIFE IS』(マガジンハウス)

 関ジャニ∞・安田章大が単独写真集『LIFE IS』(マガジンハウス)を9月24日にリリースする。この写真集には3年前に髄膜腫の摘出手術に受けた安田の手術前後の姿を収めたミニブックも付属するといい、ファンの話題をさらっている。

 安田が脳腫瘍の一種である髄膜腫を患い、2017年2月上旬に摘出手術を受けていたことが公表されたのは2018年7月のことだ。幸い腫瘍は良性で、手術は無事に成功し、安田の闘病は伏せられていた。

 だが2018年4月、渋谷すばるの関ジャニ∞脱退とジャニーズ退所を発表する会見を行う数日前のこと。安田は立ちくらみによる転倒で背中と腰に全治3カ月の骨折を負ってしまう。これを機に、脳腫瘍についても公表するに至った。

 安田は2018年9月に、会員クラブサイト内のブログで手術痕について言及。<ボクは開頭した傷もこの先隠す事もしたくないと思う><これが過去のボクだし今のボクだしね>と綴っている。

 現在もその傷および後遺症は残っている。今年5月、ジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネルに登場した安田は、<3年前に脳の手術をしていまして、これが傷痕です>と、頭部に残る手術痕を公開した。

 腫瘍は大きく、手術では頭蓋骨の一部を開頭して摘出に至ったといい、<今でもそれの後遺症が正直残っているんですよね。日々葛藤しています。全然強くなれない自分がいるし、仕方のないことなんですけど>と胸の内を明かした。

1 2

「関ジャニ∞・安田章大が明かした手術痕と後遺症 「仕方ない」と葛藤の中、前を向く」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。