鈴木紗理奈とたむらけんじの同棲企画が本気?「俺は全然ありやけどな」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 お笑い芸人・たむらけんじ(46)と鈴木紗理奈(42)のカップルチャンネル「さりけんちゃ~ンネル」が登録者数10万人を突破と好調だ。「登録者数100万人突破で同棲生活スタート」を公約している2人だけに今後の展開が気になるところだ。

 2人は26年前に彼氏彼女として交際していたことを公言しており、異例の「カップルチャンネル」となっている。カップルユーチューバーは多いが、「元カレ・カノ」のチャンネルはもしかしたらYouTube初かもしれない。

 チャンネル開設のきっかけは、鈴木のほうに単独でのYouTubeチャンネル開設の打診があったことだった。鈴木は「何をやろうかと考えていたときに、けんちゃんとやってみようと思った」。たむらのほうも「芸能界の中で、(過去に)付き合っていてこれができるのは俺らしかいない」と感じたそうだ。

 さて、100万人いったら同棲スタートと公約していた二人だが、カジサックに「早めに放り込んだらどうですか?」と言われ、「1日だけやってみようか」ということになり、「一晩だけ同棲リハーサル」の動画を撮影し投稿した。

 ちなみに鈴木紗理奈はどこのテレビ収録に行っても、芸人仲間から「お前ら何してんの」と言われていることを明かし、「こんな同棲とかしだしたら、マジでいよいよ……おらんから、こんな!」と照れる。一方のたむらは「ぼくらはずっと本気でしたよ!」と口説きにかかっているようにも見えた。

 この「1日だけ同棲」で2人はお互いにやってみたいことを叶えることに。鈴木は一緒にハンドクラップダンス。たむらは後輩を呼んで、鈴木に手料理をふるまってほしいとお願いした。鈴木は付き合っていた当時、たむらが好きだったという一品“えびアボカド~カレー風味~”を作り、「これこれ!」とたむらは嬉しそうにダンスしていた。

 カップルチャンネルといえど、そこは芸能人。ビジネスでしかないと思いきや、意外にも2人はまんざらでもないらしい。

 1日、『モモコのOH!ソレ!み~よ!」(関西テレビ)に出演した鈴木は、MCのハイヒール・モモコから「たむけんは再婚相手としてどうなのか」と聞かれると、「けんちゃんと再婚的なことですか。全然ないと思ってたんですけど。普通にYouTuberとして楽しくやってるだけのお付き合いやと思ってたんですけど、この間、けんちゃんが『華奈子(鈴木紗理奈の本名)が大阪在住やったら、オレは全然ありやで』って。急に言い出したんですよ」と打ち明けたのだ。

 それまでは、YouTubeの収録が終わってからご飯に行ったこともなく、たむらがスッと帰っていくので、タレント同士のビジネスライクな付き合いだと鈴木は思っていたそうだが、その発言から、たむらのことが気になって仕方ないという。それまで軽々しく送れていたLINEも、意識してしまい送れず。今は『さりけんちゃ~ンネル』のグループLINEしか送っていないという。

 チャンネル開設時には、まさか好きな気持ちが再燃するとは思っていなかったが、いま鈴木は「3日前ぐらいから……ほやほやなん。だから言いたくてしょうがないんです、この気持ち。もし付き合ったら、2人でゲストに呼んでください」とまで話した。これもタレントとしての彼女の“盛り上げ”なのだろうか。

 とはいえ2人が付き合い始めた時、鈴木16歳。たむらは20歳だった。まあ真剣交際でなければ淫行なのだが、たむらが鈴木にべたぼれだったという。だが鈴木にはタレントとして売れたいという夢があり、東京に行くことを希望していた。「東京に行くんやったら付き合えない」――結局、距離に負けて、たむらが別れを言い出したのだそうだ。たむらは好きな気持ちがあるまま別れた、と後輩に吐露している。

「(今、鈴木のことは)人としてめちゃくちゃ尊敬できる人になってるんよ。東京という海に出て行って、たむらリバーに帰ってきた(シャケのようだ)」

 こうして2人の話を聞いていると、本当によりを戻すのではないかと思えてくる。視聴者の多くも「100万人いったら籍入れるに変更で!」「もうお願いだから結婚してほしい」と2人の再婚を熱望しているようだ。

「鈴木紗理奈とたむらけんじの同棲企画が本気?「俺は全然ありやけどな」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。