キンプリ岸優太に「厳しめの意見を言え」 海老蔵が『24時間テレビ』のヤラセ演出を暴露して波紋

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

EXIT兼近も『24時間テレビ』の「ヤラセ」に反発

 1978年から放送がスタートし今や夏の恒例となった『24時間テレビ』だが、ここ数年の評判は芳しくない。昨年は深夜の時間帯に放送された「二宮和也のあの人に会いたくない」のコーナーで、“ヤラセ”があったとして問題となった。

 番組の内容は、ゲストが“会いたくない人”と再開させられてしまうというもので、この日はお笑いコンビEXITの兼近大樹が中学生時代の元カノと再開することに。番組では兼近が二股をしていたことや、それが原因で男性不信になったなど、元カノの証言に基づいたとされるVTRが流された。しかし、兼近自身はそれを否定し、なぜかVTRと話がかみ合わない。

 すると番組放送後、元カノはYouTubeに<伝えたいこと>と題した動画をアップ。自身の証言とは違うVTRがつくられたと、番組スタッフのヤラセを告発。実際は、兼近との交際はいい思い出ばかりだったそうだ。また、兼近もTwitterに最初の台本はもっと酷い内容だったと明かした。

<これがテレビか>
<今日台本見せられた時はもっとレベチでやばたにえんだったけど流石にめちゃめちゃ嫌だと伝えて抑えた結果がこれ!>
<もし言ってなければ社会的に抹消されていたのかと思うとゾッとするでござる>
<いや過去に色々たくさんあったけど二股などは嘘だ!! 笑>

 さらに、今年の『24時間テレビ』は、放送前から波乱を巻き起こしている。番組は今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんのドキュメンタリードラマを制作したが、生前の志村さんはどちらかと言えば、フジテレビの番組で国民的人気を博した。そのため、「日テレがつくるのはおかしい」との意見や、今もなお新型コロナは広がり続けており、「時期尚早」との声も出ている。

 そもそも今年の『24時間テレビ』は、実施すること自体に批判的な声も少なくない。せめてスタッフ・キャストの健康には十分気をつけてもらいたい。

1 2

「キンプリ岸優太に「厳しめの意見を言え」 海老蔵が『24時間テレビ』のヤラセ演出を暴露して波紋」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。