コロナ集団感染した軍団山本の動画内容 加藤浩次は「削除しちゃダメだ」と吉本批判

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
加藤浩次「削除しちゃダメだ」と批判 コロナ集団感染した軍団山本の動画内容の画像1

『スッキリ』公式サイトより

 8月13日から15日にかけて、吉本興業に所属する極楽とんぼ・山本圭壱、品川庄司・庄司智春、じゃぴょん桑折、ココリコ・遠藤章造が相次いで新型コロナウイルスに感染したことが発表された。4人は8日に、山本が率いる「軍団山本」の公式YouTubeチャンネルの生配信で共演しており、その際の感染予防対策が不十分だったと見られることから、クラスター発生の可能性も含め、波紋を呼んでいる。

 8日に「軍団山本チャンネル」にて生配信した動画を、吉本工業は15日までに「非公開」としており、現在閲覧はできない。吉本側は非公開にした理由を「あまりにも常識から逸脱していたため」と説明。ただ、過激な内容だったわけではなく、常識的な感染対策がなされていなかったという意味だろう。

 動画は約1時間に及び、6人の出演者がやや近い距離でテーブルを囲んでいる。序盤では6人は向き合ってこそいないものの互いの距離は近く、マスクやフェイスシールドもしていない。アクリル板などの仕切りも特にない。撮影が進むにつれ、向き合って会話を交わすようになり、大声で歌ったり席替えを行う場面もあった。テーブルに皿や飲み物が置かれ、飲食もしていたようだ。

 生配信から3日後の11日夜に山本圭壱は体調不良を訴え、12日にPCR検査を実施。翌13日に陽性が発表された。国立感染症研究所による「濃厚接触者」の定義が発症した日の2日前までに接触があった人とされていることから、吉本興業は「濃厚接触者はいない」と発表していた。

 しかし14日には庄司智春、15日にはじゃぴょん桑折と遠藤章造も新型コロナウイルス感染が分かっている。桑折は11日に体調不良、庄司は12日に体調不良、遠藤は12日に発熱があったという。山本を含めた4人はそれぞれ、感染予防対策が不完全だったとして、SNSを通して謝罪コメントを出した。

 17日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、山本の相方である加藤浩次は激怒。「実際に(8日に配信された)映像を見たんですけど、感染対策してないですよ。そこはやっぱりダメだと思う>と山本らを批判した。

<仲の良いメンバーですから、いつも通り会っている、普段会っているメンバーが集まっているから、それが普通になっていたのかもしれないけど、まったく距離を取っていない、マスクもしていない。感染対策がYouTubeからまったく見えなかった>

 さらに、吉本興業が当該動画を非公開にしたことについても、加藤は<これも僕はダメだと思う>苦言を呈した。

 動画に映っていたのは、<居酒屋などで普通にある光景>だ。加藤は、<この場合はクラスターになるのだということを、世の中にしっかり伝えるためにも、このYouTubeの映像を吉本は削除してはいけなかったと思う>と言及した。

「コロナ集団感染した軍団山本の動画内容 加藤浩次は「削除しちゃダメだ」と吉本批判」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。