日本人はなぜ、コロナ感染を「自業自得」と考えるのか? 感染者を萎縮させるバッシングの心理

文=加谷珪一
【この記事のキーワード】

クラスターをバッシングしたところで感染を防ぐことはできない

 今回のコロナ危機では、こうした社会風潮による弊害が一気に露呈する形になった。

 各地ではコロナの感染者に対するバッシングが起こっているが、感染症というのは一定確率で誰かに感染するものなので、バッシングしたところで社会全体の感染リスクを減らせるわけではない。もちろん、生活様式として感染しやすい、しにくい、という違いは生じるだろうが、あくまでミクロレベルの話である。

 感染者をバッシングすれば、当然の結果として感染者は自身が感染したことを隠すようになる。感染者の情報を共有できなくなるので、感染実態がますます分かりにくくなってしまう。

 特定のクラスターについて過度に批判する行為も同じメカニズムによるものと考えられる。特定クラスターの活動を抑制することは、感染初期段階において疫学的な効果はあるが、ある程度、感染が広がってしまった段階では、特定クラスターをつぶしたところで大きな効果は得られない。

 当該クラスターに感染が広がるためには、誰かがウイルスをそのクラスターに持ち込む必要があるので、当然のことながら、そこがウイルスの発生源ではない。特定のクラスターをバッシングしたところで、感染拡大を根本的に抑制することはできないのは当然のことである。

 だが、夜の街を中心に特定クラスターをバッシングする動きは根強く、行政の対応にもこうした偏見を助長するような動きすら見られる。

 一方、こうした流れとは逆に、コロナ危機は大したことではなく、各種対策は過剰であるとの主張も耳にする。だが、こうした主張をしている人の多くはかなり感情的になっており、想定外の事態に対してある種のパニックを起こしているようにも見える。

 新型コロナウイルスの検査体制をめぐる激論はまさのその典型といってよいだろう。

科学よりも情緒が優先?

 検査態勢については以前も本コラムで取り上げたことがあるが、日本はいまだに大規模検査を行う体制が構築できておらず、正確な市中感染率を把握できていない。現実問題として、体制が不十分なまま大規模検査に踏み切れば、様々な弊害が発生するので、安易に大規模な検査は行わない方がよいだろう。

 だが本来であれば、できるだけ多くの検査を行い、感染者が何人いるのか正確に把握した方がよいというのは自明の理であり、「大規模な検査は実施しない方がよい」というのは、あくまで妥協によって得られた結論に過ぎない。ところが「大規模検査は実施した方がよいに決まっているが、現実的には難しい」という話が、どういうわけか「大規模な検査は行うべきではない」という話にすり替わっており、大規模検査態勢の構築を主張する人をバッシングするという事態まで発生した。

 感染拡大から半年以上が経過しても、大規模な検査態勢を構築できないというのは大きな問題であり、こうした現実を直視したくないという気持ちは理解できる。だが、対象物を正確に観察し、客観的に状況を把握するというのはサイエンスの常識であり、自然科学の基礎教育を受けた人であれば、徹底的に叩き込まれる原理原則である。現実的な問題を考慮しつつ、検査態勢の確立を目指すべきというのは共通認識であるはずだが、どういうわけか日本ではそうした合意が得られない。

 いまだに大規模検査体制が実現できないことは、多くの人にとって不安材料であり、こうした不安を払拭するため、大規模な検査態勢の構築は不要であるとの結論を無意識的に導き出している可能性が高い。

 これは不安心理によるものなので、論理的に説明しても、大きな効果は発揮しないだろう。カギを握っているのは、リーダーによる国民との対話だが、近年の政治情勢では政治家にこうした役割を期待するのは、ほぼ不可能である。

 認知バイアスを是正するには教育が必要であり、効果を発揮するまでには時間がかかる。残念なことだが、当分の間、こうした風潮が続くことについて覚悟する必要がありそうだ。

1 2

「日本人はなぜ、コロナ感染を「自業自得」と考えるのか? 感染者を萎縮させるバッシングの心理」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。