山下智久「女子高生とホテル」は揉み消し? 第二の手越祐也を生む歪んだ土壌

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 ジャニーズ事務所は芸能界でも特にテレビ業界への多大な影響力を持つ大手事務所として知られている。6月に退所会見をした元NEWSの手越祐也は、退所に伴って降板した『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)について「日本テレビさんも、ジャニーズ事務所と深い関係だったりとか僕以上にあると思っているので、ジャニーズ事務所と日本テレビの話し合いで、手越祐也退所についてこの番組からいなくなるという判断をしたとしたならば、そこには僕自身従わなければいけない」と“圧力問題”をほのめかしていた。

 だが、その手越こそ、ジャニーズ事務所在籍当時は事務所の“圧力”によって“守ってもらって”きた存在だっただろう。退所後さっそく、フォトエッセイ『AVALANCHE』(双葉社)をリリースし友人だった女性芸能人や先輩後輩問わぬジャニーズタレントのエピソードを実名で公開し、批判を浴びた手越は、「自由」の代償を思い知ったのではないだろうか。つまり、そこには責任が伴うということだ。

 手越は退所会見においても、コロナ禍の深夜外出を“手越キャバクラ”と報じられたことについて、「医療関係者との大事な会合に、女の子を呼んだだけ」「自粛していてコロナに感染していない女の子だから大丈夫だと思った」「男だけで会食してもあれだから、女の子を呼ぼうとなった」等々、全く悪びれず説明。それのどこがおかしいのか、と言わんばかりだった。

 こうした手越の現状は、様々なスキャンダルを報じられてもまともに向き合わず、「やらかしても誰かがどうにかしてくれる」環境だったことも影響しているのではないか。多くのジャニーズタレントは10代前半の若い時期から芸能活動を始めているが、何があっても「事務所が守ってくれる」ような環境は、本人の自律の精神やセルフコントロール能力をつぶしかねない。

 ジャニーズ事務所の“風紀委員長”との異名を持つとされる滝沢秀明副社長は、そのことを理解しているのかもしれない。前述のように一部メディアは、滝沢副社長の“粛清”に憤るタレントがいると伝えているが、粛清でもなんでもなく、「不祥事を揉み消さない」ことが当たり前になった方がいいのではないか。

1 2

「山下智久「女子高生とホテル」は揉み消し? 第二の手越祐也を生む歪んだ土壌」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。