Zeebraが不倫旅行を謝罪…過去にも浮気で「離婚危機」あった

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 また、2015年に中林がリリースしたエッセイ本『おんぶにだっこでフライパン 4人育児の奮闘記』(角川書店)では、夫との関係や離婚危機なども率直に綴られていた。

 長女と次女は年子だが、彼女は常にワンオペ育児。夫はレコーディングなどの仕事で長く家を空けることもあり、クラブDJの仕事で帰宅が翌朝になることも多い。さらに、明言こそしないものの浮気のような悪い噂も耳に入ってきたという。

「好きなだけお酒を飲んで好きな時間に帰ってくる。もしくは連絡さえつかず帰ってこない。彼の感覚はすでに独身のようだった」(p143)

「信用したいという気持ちと、『やっぱりそうなのかな』と落胆する気持ちが同時に湧いてくるのだ。そのたびに、私は妻として、ひとりの女性として、彼からちゃんと愛されているのだろうか? と考えてしまう」(p137)

 一度だけ離婚危機もあったといい、3カ月間別居をしたが夫婦として家族として関係を再構築することを選んだともある。中林は「彼の誠意と1%の頼りない可能性」にかけたといい、「彼の変化を今とても感じている。私が大好きだった、ジェントルマンで優しくて、家族を大切に想ってくれる夫が、少しずつ戻ってきた」(p154)と綴ってもいたが、Zeebraはやはり変われなかったのだろうか。

1 2

「Zeebraが不倫旅行を謝罪…過去にも浮気で「離婚危機」あった」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。