TKO木下のYouTubeが悲惨? 被害コメントに「こんなこと、俺はしていない」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 TKOの木下のYouTubeチャンネルが、ほぼ全ての動画で低評価をつけまくられるという憂き目にあっている。4月1日にチャンネルを開設した木下。最初に投稿した“謝罪動画”は日本一の低評価数を記録し、8月現在で約450万回再生を超え、高評価6300に対し、低評価数は36万まで膨れ上がっている。だが木下の場合、この動画以外も圧倒的に低評価だらけなのだ。

 不祥事を起こしたタレントも、数カ月もすれば騒ぎは落ち着き、復活するか忘れ去られるかだ。しかし木下の場合はいまだに低評価がおよそ80%を超える勢いだ。そのうえ、登録視聴者数は1万程度と伸び悩んでいる。

 TKOの木下は後輩芸人へのパワハラや金銭トラブルが報じられ、所属していた松竹芸能を3月15日に退所。これ以降、テレビ番組にはほぼ出ていない。事の発端は昨年6月、同じ松竹芸能の先輩コンビ「よゐこ」の濱口優と南明奈の結婚パーティでのことだ。木下がパーティに参加した芸人から会費を徴収したものの、「稼いでない後輩が払うのは可哀相」だと言って、濱口が当日のパーティ代を支払ったという。しかし木下は徴収した会費を後輩芸人らに返金せず、後輩コンビ・オジンオズボーンの篠宮暁がライブ上で木下を追及。終演後、木下は篠宮に対して楽屋で飲料の入っているペットボトルを投げつけ、それが篠宮の左目を直撃した……。

 この顛末が明らかになったとともに、数年前の番組で「安田大サーカス」のクロちゃんに激怒した木下が、収録語の楽屋でクロちゃんを土下座させ、革靴で頭を踏みつけたという事件や、都内の高級住宅街に一戸建てを新築し、20代女性と再婚間近だと一斉に報じられ、木下のタレントイメージは最悪なものとなった。

 おまけに、木下の悪評はYouTube動画のコメント欄にまで書き込まれた。過去に被害を受けたという人からの被害報告がコメント欄に殺到したのだ。真偽不明ではあるが、書き込まれたのは次のような内容だった。

「松竹芸能、新宿角座、のスタッフです。以前、TKOとアイドルのコラボトークを催した際、楽屋の備品が壊れていたという些細な理由で担当者でも無かった私に大声で怒鳴りつけてきたことを今でも覚えています」

「居酒屋でバイトしてた時この人が来店したんですが、注文を聞く時もすごい横柄な感じだし注文の品をテーブルに届けた時
『おせぇよ!何時間かかってんねん!(実際は10分くらい)』と怒鳴られました」

「学生の頃、出待ちで握手を求めた時「なんやねんお前!今忙しいねん!近寄んなや!」と言われ唾を吐かれました。 当時好きだった私にはとてもショックで傷つきました」

 その後、カジサックや江頭2:50とコラボ動画を出したが、木下の炎上が飛び火したのかコラボ動画も低評価の嵐。同じように嫌われた宮迫博之は、ヒカルとコラボしてから低評価が激減したが、木下はそうはいかなかった。

 7月20日に品川庄司の品川は、ライブ配信で木下の動画について触れ、「低評価いっぱいついたら、木下さんのYouTube見て勇気つけるから大丈夫。木下さんの35万バッド(低評価)見て、勇気づけるから大丈夫」と冗談を飛ばした。その後、木下からLINEで「コラボしてちょ♥」と言われたらしいが、7月22日のライブで「いやごめんなさい! 得無いから!」と一蹴している。

 木下はなんとかイメージを払拭するために、ステッカーを作った。「街で木下を見かけたら、『コメント読まれた』とお気軽にお声をおかけください。ステッカーをお渡しします」というものだ。また、YouTubeコメント欄に書き込まれた被害報告を『木下見たシリーズ』と名付け、「こんなこと、俺はしていない」と身の潔白を訴えてもいる。だがその声はどこまで届いているのだろう。

 8月21日にアップした質問レス動画でも、木下は『新幹線で「握手してください」と言った子供に「プライベートじゃ、クソガキ」と言った。最悪だ』という趣旨のコメントを読みあげ、「俺、人生でそんな子供にゆうたことないわ。クソガキとかいうセリフ。『木下見たシリーズ』を信じるんじゃないよ君たちは。あんなん嘘やん。でもそれをホンマにやったと思ってるんであれば最低よな。(俺を)嫌いになるのも分かる」と一気にまくしたて、「でも違うぞ!」とカメラに向かって呼び掛けていた。

 しかし、この動画も低評価88%とすこぶる評価が低い。「YouTubeで活動してる以上、アンチコメから逃げられると思うなよ やらかした奴は尚更」と粘着するアンチまでいる。木下のYouTubeチャンネルの登録者は、木下の動画にアンチコメントを打ちたくて登録しているのでは? と思うほどだ。カジサックや宮迫と違い、木下はYouTubeでの人気獲得もまだ難しいかもしれない。

「TKO木下のYouTubeが悲惨? 被害コメントに「こんなこと、俺はしていない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。