なぜ朝倉未来はYouTube急上昇ランキング常連になれたのか? 小島よしおとの相撲対決で分かった朝倉未来の魅力

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 小島よしおが自身のチャンネル『小嶋よしおのピーヤの休日【ピーヤTV】』で、格闘家の朝倉未来と相撲で真剣勝負する動画をUPした。

 28歳の朝倉は、小島に言わせると「オッパッピー世代」だ。朝倉は「そうですね、テレビで見てました。『そんなの関係ねえ』」と認め、小島のギャグは朝倉的には格闘技のテクニック・パウンド(寝ている相手を殴る)の練習になりそうだと冗談を飛ばしていた。

 ちなみに朝倉は子供時代、かけっこが得意な男の子だったという。マラソン大会は常に学年1位。持久力や運動神経はその頃からずば抜けていたらしい。勉強は嫌いだったが頭を使うのは好きで、将棋の好きな子供だったそうだ。

 さて、肝心の相撲だが、1回戦のルールはがっぷり四つで組む相撲ではなく、「手押し相撲」。最初は自信満々に「相撲は自信がありますよ。余裕だなこりゃ」と言っていた朝倉も、これには「詐欺師だな」と苦笑い。しかし「手押し相撲」でもやはり朝倉は強かった。特に押し出しの一手が強い強い。わずか10秒足らずで小島は負かされてしまった。

 2回戦は「引き相撲」だったが、小島は「(朝倉の)手を握っただけで(わかる)……強いわ」と恐怖を露わにした。もちろん、「引き相撲」も朝倉が瞬殺だった。

 3回戦は「指相撲。こちらはなかなかいい勝負だったが、結局は朝倉の勝ち。圧倒的な強さが証明された形となった。

 4回戦は「紙相撲」と力の差が出ない勝負にしたはずだったが、こちらも朝倉の完全勝利。小島も「未来ピーヤのすごさがわかりました。分析力というか」と朝倉の強さに感動していた。

 相撲でも強さを見せつけた朝倉だが、YouTuberとしても最強。今、もっとも勢いのあるYouTuberの1人だ。新しい動画を出せば必ずYouTubeの急上昇上位に躍り出て、ほとんどが100万回再生を突破する。超人気動画となった『ぼったくりバーに一人で潜入したらあり得ない金額を請求されて口論になった』は1600万回再生を超えた。朝倉本人の話では、月収は少なくとも4000万円以上だという。

 朝倉の最大の魅力は「絶対的な強さ」だ。今まで多くの格闘家とコラボし、対決する動画で格闘技ファンのハートをつかんできた。元WBA世界ライトフライ級チャンピオン渡嘉敷勝男らからボクシングを教わる動画では、渡嘉敷のミットを弾き飛ばしてしまう場面もあり、「ボクシングに転向したほうがいい」と絶賛されている。

 圧倒的な格闘家のセンスを見せつける朝倉が他の強い者と戦うシーンは、格闘ファンにとどまらず、多くの視聴者の胸を熱くさせてきた。「朝倉未来は自分より弱いヤツしかターゲットにしてない」とシバターに煽られたときには、開始早々強烈なパンチを何度もシバターに叩き込み、わずか23秒でシバターを倒した。この動画は1700万回再生を突破している。

 朝倉の物言いは常に上から目線で挑戦的だが、大口を叩いても有言実行で強いとなれば話は別となる。朝倉の元には「ぼったくりバーに行ってください」「歌舞伎町でポイ捨てを注意してください」などといった視聴者からのリクエストが届くそうだ。いずれも、腕っぷしの強い朝倉に悪い奴らを叩きのめしてほしい、という願望が透けて見える。朝倉は一部の視聴者からヒーロー扱いされていると言っていい。

 加えて、朝倉のチャンネル動画は格闘家でありつつ、王道のYouTuberらしい企画も多い。これも朝倉のファンが幅広くいる要因だ。現在の総再生回数は、約38憶8000万以上。YouTuber朝倉未来のファンはまだ増えていくだろう。

「なぜ朝倉未来はYouTube急上昇ランキング常連になれたのか? 小島よしおとの相撲対決で分かった朝倉未来の魅力」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。