恋愛リアリティ番組『今日好き』のNO.1モテ女子・永江梨乃が「いじめの首謀者で強制退学」を全面否定

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 AbemaTVの恋愛リアリティショー『今日、好きになりました』(通称『今日好き』)の「青い春編」(2020年4月~5月)に出演していた永江梨乃(ながえりの)が過去のいじめや強制退学のウワサについて、「事実ではありません」と否定した。

 『今日好き』シリーズは、「運命の恋を見つける、恋の修学旅行」をテーマに、2泊3日の旅を繰り広げるという番組。現役高校生たちの等身大の恋模様にキュンキュンする同年代の視聴者が多く、AbemaTVの恋愛リアリティショーの中でもダントツの人気と視聴数を誇っている。女子高生の3人に1人が見ているとも言われるほどだ。

 過去には、この番組に出演していた高校生タレントの前田俊(しゅん)が共演者で同じく高校生タレントの重川茉弥(しげかわまや・16)と結婚・出産している。

 「青い春編」で人気を博した“りの”は福岡県出身、2003年2月25日生まれの17歳。低身長と博多弁の可愛らしさに、ルックスは大人っぽいというギャップが男性メンバーのハートを掴み、第一印象では男子全員が彼女の名前をあげるモテ女子だった。

 すると何者かが、TikTokにりのの過去に関する告発文を投稿。そこには彼女の出身地と退学した出身高校の名称、そしてクラス内でいじめの首謀者だったという内容が書かれていたのだ。以下に要約する。

・クラスの仲の良いグループで、りのが他のメンバーをいじめており、ウソもついていた
・それが最終的に全員にバレ、気まずくなって学校を辞めた
・『今日好き』に出る前から(共演メンバーの)。ひろよし君やたかぴろ君と仲が良い。それを周りに自慢していた
・『今日好き』への出演が決まると、いじめていた子や周りの友達に謝った

 TikTokに投稿されたこの情報を事実だと信じたユーザーたちにより、りののTikTokのコメント欄は炎上。インスタグラムにも中傷するDMが届いたという。

 これを受けて、りのはYouTubeチャンネルに『過去について本当の事をお話ししていきます。』という動画を投稿。「いじめをして強制的に退学させられた」という話は事実ではない、と説明した。

1 2

「恋愛リアリティ番組『今日好き』のNO.1モテ女子・永江梨乃が「いじめの首謀者で強制退学」を全面否定」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。