西川貴教の再婚で「認められたんだね」 熱愛報道時、義母の“毒舌ブログ”が話題に

文=田口るい
【この記事のキーワード】
西川貴教の再婚で「認められたんだね」 熱愛報道時、義母の毒舌ブログが話題にの画像1

GettyImagesより

 歌手の西川貴教が8月29日、元フリーアナウンサーで26歳の一般女性と入籍したことを発表し、ファンから祝福の声が相次いでいる。かつてこの女性と交際を報じられたとき、女性の母がブログで西川を「どこの誰だか」「社会人として終わっている」とこき下ろしていたため、「ついにお母さんに認められたんだね」と感慨深げなコメントもあるほどだ。

 西川はツイッターで「私、西川貴教はかねてよりお付き合いをしておりました方と、本日8月29日に入籍いたしました」「相手の方は一般の方ですので、名前や写真の公表は差し控えさせていただきます。皆様には何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします」と報告。

 結婚相手の詳細は伏せているものの、「元フリーアナウンサーで26歳」と報じられており、ネットでは2018年2月と2019年1月にデート現場がスクープされた元フリーアナウンサーのAさんだと見られている。

 2018年2月に熱愛が報じられた際、西川はAさんについて「ただの知人」と説明し、ホテルに行ったことについては「どうでしたかねぇ、記憶がないんですけど(笑)」と言葉を濁していたが、それから2年半、しっかりと愛をはぐくんでいたようだ。

 さて二人の熱愛がスクープされた当時、Aさんの母親が大きな注目を集めていた。Aさんの母親は、西川と娘の熱愛報道後、自身が代表取締役を務める会社のブログにて「お騒がせしてごめんなさい」と題した記事を投稿。以下は当時の記事の一部だ。

<今朝からたくさんのご心配やおしかりのご連絡を受けました。私の次女がこのような騒動を起こし大変ご心配ご迷惑おかけしました。A家始まって以来の恥さらしで先祖に対して申し訳ないです。しかもまったくリッチじゃない、、、シティーホテル(笑)情けない。だいたいこの相手の方、どこの誰だか私は全く知りません。一言の詫びも挨拶もこの雑誌が出た今でさえ一切ありません。社会人として終わっています>

 娘の熱愛報道を「A家始まって以来の恥さらし」と表現し、西川についても「どこの誰だか私は全く知りません」「社会人として終わっています」と批判しており、交際に反対している様子だった。

 今回、めでたく結婚に至ったということは、厳しかったAさんの母親も二人のことを認めたのだろう。

「西川貴教の再婚で「認められたんだね」 熱愛報道時、義母の“毒舌ブログ”が話題に」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。