『とくダネ!』の偏った菅官房長官絶賛…「公平のかけらもない」

文=柴田さとみ
【この記事のキーワード】
『とくダネ!』の偏った菅官房長官絶賛…「公平のかけらもない」の画像1

『とくダネ!』公式サイトより

 自民党の総裁選が近づくにつれ、ワイドショーの報道も過熱している。9月1日の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、自民党総裁選で”最有力候補”と言われている菅義偉官房長官にまつわるプライベートや世間の評判について報じたが、「偏りが酷い」として批判を浴びている。

 まず『とくダネ!』は、菅氏を知るために横浜市南区に店を構える蕎麦屋を訪れる。横浜市南区といえば、菅氏の地元であり選挙区だ。菅氏が行きつけだという蕎麦屋の店主・石塚さんによると、菅氏の派手に飾らない性格が政治家として信頼できるそうだ。

<食べるのが一番早い、そばを10分か15分くらいで食べ終わる>
<知り合って20年くらいかな。市議から『今度国会に出るから知っている人を集めてくれないか』ということで、派手な感じがしないから信頼の置ける人だと思った。政治家は垢抜けている人が多い、金持ちとか二世とか。秋田から出てきた人は初めて見たから信頼できるんじゃないかと>

 また番組では、北朝鮮が深夜に弾丸ミサイルを発射した際に菅氏が危機管理責任者として真っ先に官邸に走っていく姿を映し、菅氏の責任感の強さを強調。さらに、菅氏は「甘いものが好き」なそうで、チャーミングな一面があるとアピールした。

 ネット上では、7年8カ月に渡って安倍総理大臣を支えてきた官房長官を「次期総裁に」と期待する人も少なくないようだ。しかし、菅氏の“絶賛”だけを垂れ流す『とくダネ!』に、「何の食べ物が好きかなんて情報はいらない」「公平のかけらもない」「不気味なくらい権力べったり」といった批判も出ている。

 安倍首相同様、菅氏にも様々な“疑惑”がある。たとえば2015年、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBSワシントン支局長の山口敬之氏から性的暴行を受けた事件だ。当初、山口氏には逮捕状が出ていたものの、「週刊新潮」(新潮社)によると、警視庁刑事部長であった中村格氏の指示により逮捕は白紙に。その中村氏は、菅氏の元秘書官だ。

 安倍政権は徹底的なメディアコントロールを行ってきたと言われるが、安倍首相が退任してもこの体制は維持されるのだろうか。

 

(※年号の記述に誤りがあったため、訂正しました)

「『とくダネ!』の偏った菅官房長官絶賛…「公平のかけらもない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。