手越祐也に「ジャニーズ辞めて脱毛サロンやりたかったの?」競争激しい美容サロン、なぜ参入

文=田口るい
【この記事のキーワード】
手越祐也に「ジャニーズ辞めて脱毛サロンやりたかったの?」競争激しい美容サロン、なぜ参入の画像1

手越祐也Instagramより

 元NEWSの手越祐也が、脱毛サロン「Tegoshi beauty salon」の経営をスタートさせることを発表し、ファンからは困惑の声も上がっている。

 手越は8月30日、自身のYouTubeチャンネルに「【ご報告】手越祐也、念願の〇〇〇が決まりました」という動画を投稿し、その中で脱毛サロン「Tegoshi beauty salon」の経営に着手したことを発表。手越は「脱毛歴5年以上」で、VIOもツルツルだという。VIOの脱毛について「やったらわかるから、超楽!」と絶賛し、女性はもちろん、男性もチャレンジしてほしいと力説した。

 「Tegoshi beauty salon」は新宿・池袋・川越・心斎橋の4店舗。美容系求人サイトでエステティシャンを募集しており、約100人の女性スタッフを採用する予定だという。

 ジャニーズ事務所からの退所会見でも、起業や経営に強い関心があると明かしていた手越。脱毛サロン経営はその取り組みの一つなのだろうが、ファンからは「手越くんのとこで脱毛したい」「新しいことにどんどん挑戦してかっこいい!」と好意的な反応もある一方、「NEWSやめて脱毛サロンやりたかったの?」「本業って歌じゃなかったの?」「世界を目指すはずでは…」といった落胆と失望も聞こえている。

 独立後の手越は、YouTubeチャンネルの開設と動画投稿、フォトエッセイの出版、一人親家庭へのボランティア活動への参加、豪雨で被害を受けた熊本で自身がプロデュースしたかき氷を提供する被災地支援など、幅広く活動。ただ、歌手活動はほとんどないため、NEWS時代から手越の歌声に惹かれていたファンにとっては物足りなさがあるようだ。

 それにしても、なぜ今、脱毛サロンなのか。

 “ホスト界の帝王”ローランドも、メンズ専用脱毛サロンのプロデュースを行っている。ローランドの脱毛サロンは関東・大阪・名古屋に6店舗を構え、今後千葉や仙台にもオープン予定だという。店舗では運が良ければローランド本人に会えるそうだ。

 女性のみならず男性の脱毛も一般的になってきている昨今だが、脱毛サロンは全国展開する有名店がいくつもあり、飽和状態。また最近では脱毛サロンで行う美容脱毛よりも、高い効果があるといわれる医療脱毛が以前よりもリーズナブルな価格になっており、人気だ。

 そんな脱毛サロン業界にわざわざ参入した手越。やりたいことがたくさんありすぎて、片っ端から手をつけているのかもしれないが、人材を雇用して経営していくのであれば大きな責任も伴う。成功の道筋は見えているのだろうか。

「手越祐也に「ジャニーズ辞めて脱毛サロンやりたかったの?」競争激しい美容サロン、なぜ参入」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。