柏木由紀がセクハラに激怒「やばいよ、みんなちょっと」「それ、職場の女の人に言える?」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 AKB48の柏木由紀が、YouTubeでのセクハラコメントに怒りを吐露している。

 8月28日に柏木由紀の公式YouTubeチャンネルにアップされた動画でのこと。この動画は、以前同チャンネルで配信した動画にファンが書き込んだコメントを柏木本人が読み、気に入ったものに「いいね」を押していくという企画だった。

 その題材として選ばれたのは、7月17日に配信した「【水着】初公開!柏木由紀のグラビアルーティン」。これは、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)の水着グラビア撮影に密着し、撮影前の食事メニューや、撮影中のカメラマンとのコミュニケーションの取り方など、グラビア撮影の裏側を紹介したものだ。

 柏木はこの動画についたコメントを読んで「いいね」を押して回ろうとするのだが、パソコンを開いた瞬間、彼女の顔が曇る。コメント欄にはセクハラ的な言葉が溢れていたからだ。

 「【水着】初公開!柏木由紀のグラビアルーティン」は、動画冒頭で柏木本人が<グラビアちょっと恥ずかしいとか苦手だなとか、水着見たくないって方もこの世の中絶対いると思うので、そういう方はいますぐ消してください>と警告している。視聴者の性的な消費を目的としてつくられたコンテンツではなく、水着グラビア撮影時のオフショット的な内容だった。

 柏木は実際に書かれていた「ええ身体しとるなぁ」や「たまらんバディ」というコメントを読みあげつつ、<水着のグラビアを出しているからか、コメントやばっ! コメントやばいよ、みんなちょっと。私だけじゃなくて、みんなが見てるんだからさぁ>と嘆く。

 なかでも、特に柏木が怒りを吐露したのが「僕は裸が見たい」というコメントだ。この書き込みを紹介した後、彼女は「柏木本人も含め、コメント欄を見ている人がいる、と認識したうえでコメントすべきだ」と、一部の非常識な視聴者に注意を促した。

<『それ、職場の女の人に言える?』っていう。彼女の親がいる前で言える? やめなよ、もう、みんな。異性の友だち、クラスメイト、職場の人に言えないことは書かないでおこうね。自分の親にも言えることを書こう>

 彼女は<14年もやってるから、私は結構(卑猥なコメントも)見慣れているんだけど、やっぱりよくない>とも付け加えている。アイドル活動をするなかで、水着や露出度の高い衣装を着ることは何度となくあっただろうが、そのたびにこのような言葉を投げつけられていたということだろう。

1 2 3

「柏木由紀がセクハラに激怒「やばいよ、みんなちょっと」「それ、職場の女の人に言える?」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。