なか卯でステーキを堪能! 帰ってきた「リブロースステーキ重」を実食

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

なか卯でステーキを堪能! 帰ってきた「リブロースステーキ重」を実食の画像1

 様々などんぶりメニューが楽しめる「なか卯」では現在、2017年に登場した「リブロースステーキ重」が期間限定で販売中。復活を待ち望んでいたファンからは、歓喜の声が上がっているようです。多くの人を魅了する人気メニューを、さっそくチェックしていきましょう。

なか卯の「リブロースステーキ重」とは?

なか卯でステーキを堪能! 帰ってきた「リブロースステーキ重」を実食の画像2・商品名:リブロースステーキ重
・価格:890円(税込)

熟成ブラックアンガス牛を使用した「リブロースステーキ重」!

なか卯でステーキを堪能! 帰ってきた「リブロースステーキ重」を実食の画像3

 ステーキに最適なリブロースが贅沢に盛りつけられた同商品。牛肉には熟成ブラックアンガス牛が使用されており、ジューシーな歯ごたえを特製のタレと一緒に味わえます。気になるお値段は並盛サイズで890円(税込)。やや値が張る印象ですが、ご飯の上にたっぷりと盛りつけられた牛肉を見ればこの価格にも納得です。

なか卯でステーキを堪能! 帰ってきた「リブロースステーキ重」を実食の画像4

 付属の肉専用きざみわさびを少しだけのせてお肉をパクリ。しっかりと火の通ったお肉は、驚くほど柔らかな歯ごたえです。噛みしめるたびに溢れ出す肉汁も絶品。濃厚な牛肉の味わいにわさびの風味が合わさって、さっぱりとした後味のステーキ重に仕上がっていました。

 熟成したリブロース肉は特製タレとの相性も抜群。ほどよくスパイスのきいた醤油ベースの味つけが、肉の旨味を際立たせています。コクの深い特製タレなので、お肉はもちろんご飯に絡めていただくのもおススメ。特製タレが染みこんだご飯のおかげで、先にお肉がなくなっても最後まで美味しいステーキ重を堪能できますよ。

卵をプラスしてまろやかなテイストにアレンジ!

 待望の復活を果たした人気商品「リブロースステーキ重」。醤油ベースの特製タレが気に入った私は、溶き卵をプラスしてTKGに変身させてみました。味の濃いタレに黄身が混ざることでマイルドな味わいに変化。ジューシーな熟成肉の旨味と相まって、ご飯を食べる手を加速させます。すき焼き風のテイストが好きという人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

「なか卯でステーキを堪能! 帰ってきた「リブロースステーキ重」を実食」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。