SixTONESとSnow Manが気の毒すぎる…タッキー派閥問題に『Jr.祭り』批判、ファンの対立

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 そもそもSixTONESとSnow Manは“SixTONES vs Snow Man”として同日CDデビューし、競争を煽られてきた。一部のファン同士の熾烈な対立も続いている。来月リリース予定のSnow Man の新曲が、SixTONESの「NAVIGATOR」の売り上げ枚数を超えられるかと意識し、大量購入するファンも少なくはない。

 同時デビューが発表されると、SixTONESファンとみられるユーザーがSNSで「ハイタッチ会に行って死ねって直接言ってやる」「殺したい」などと投稿し、Snow Manファンが激怒したことまであった。

 SixTONESとSnow Manのメンバーは、グループを超えて仲が良く、決してお互いのファン同士が憎しみ合うことなど望んでいないだろう。彼らがトラブルに巻き込まれず、切磋琢磨しながらさらなる人気と知名度を獲得してくれることが一番ではないだろうか。

1 2

「SixTONESとSnow Manが気の毒すぎる…タッキー派閥問題に『Jr.祭り』批判、ファンの対立」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。