オリジン弁当の「ローストビーフ丼」は本当に満足できるのか? 実食!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

オリジン弁当の「ローストビーフ丼」は本当に満足できるのか? 実食!の画像1

 お肉の旨味をぎゅっと閉じ込めた、おしゃれ牛肉料理“ローストビーフ”。そんなローストビーフをこよなく愛する方に朗報です! 人気お弁当チェーン・キッチンオリジン(オリジン弁当)から「ローストビーフ丼」が発売されました。今年8月に登場するや否や、ネット上でも「オリジンからローストビーフ丼だと!?」「見た目からして贅沢。買わない理由がない」と注目の的に。果たしてどのような味わいなのでしょうか?

キッチンオリジンの「ローストビーフ丼」とは?

オリジン弁当の「ローストビーフ丼」は本当に満足できるのか? 実食!の画像2・商品名:ローストビーフ丼
・価格:550円(税別)

やわらかいお肉と特製醤油ダレの相性バツグン!

オリジン弁当の「ローストビーフ丼」は本当に満足できるのか? 実食!の画像3

 お肉の量を肉シングル・肉ダブル・肉トリプルから選択できる同商品。1番小さいサイズでも十分ボリューミーな見た目だったので、今回は550円(税別)の「肉シングル」をセレクトしました。ローストビーフをたっぷり堪能したいという方は、お肉盛り盛りの「肉トリプル」にチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

オリジン弁当の「ローストビーフ丼」は本当に満足できるのか? 実食!の画像4

 ひとくち食べてみて、まず驚かされたのは“お肉のやわらかさ”。薄くスライスされた牛肉がしっとりとやわらかく絶品です。オニオンの旨味とバルサミコ酢の深みを感じる特製醤油ダレもローストビーフと相性バツグン。高級感のある味わいが贅沢な気分にしてくれますよ。

 また付属の西洋わさびを加えれば、今までと全く違った味わいに。ちなみに西洋わさびは、日本人におなじみの「本わさび」とは全くの別物です。本わさびよりも辛味が強いのが特徴で、西洋料理ではつけ合わせやソースの具材として使用されているそう。実際にこの食べ方を試した人からは「わさびを加えるとさらにおいしくなった!」「このピリッと感がたまらない」と好評の声が続出していました。

野菜にのせると“おしゃれサラダ”のできあがり!?

 絶品ローストビーフを存分に楽しめる同商品。最近野菜不足を感じている方は、余ったローストビーフをサラダにアレンジしてみてはいかが? ローストビーフをレタスやパプリカの上に乗せ、お好みで半熟たまごやパルメザンチーズをかければローストビーフサラダの完成。高級レストランで出てくるようなおしゃれサラダに大変身しますよ。どんぶりとサラダでローストビーフを二度楽しんでみてくださいね。

「オリジン弁当の「ローストビーフ丼」は本当に満足できるのか? 実食!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。