ビートルズが歌う‘Boys’はなぜ面白いか 歌手のジェンダーと歌詞のジェンダーステレオタイプ

文=北村紗衣
【この記事のキーワード】
ビートルズが歌う‘Boysはなぜ面白いか 歌手のジェンダーと歌詞のジェンダーステレオタイプの画像1

『please please me』(ユニバーサル ミュージック)

 英語圏のポップスでは、女性視点の歌を男性歌手が歌ったり、男性視点の歌を女性歌手が歌ったりする習慣があまりありません。

 日本ではぴんからトリオが、耐える女の心境を女言葉で歌った「女のみち」(1972)のように歌手のジェンダーと歌の語り手のジェンダーが一致しない歌はかなりあり、中には女性である太田裕美がひとりで男女のやりとりを歌う「木綿のハンカチーフ」(1975)のような凝った構成のものも存在します。

 しかしながら、英語圏の歌ではこうした作品はあまり多くなく、歌い手と視点人物のジェンダーを一致させることがふつうです。今回の連載では、このことをテーマに英語圏のカバー曲と歌手のジェンダーについて考えてみたいと思います。

カバー曲と性別を示す単語

 英語圏では、曲のカバーをする際、歌い手のジェンダーが変わると歌の内容が自分のジェンダーやセクシュアリティに一致するよう、代名詞や細かい単語の性別を変えるという習慣があります。つまり、女性歌手の歌を男性歌手がカバーする時は‘he’「彼」を‘she’「彼女」に変えるなど、名詞の性別を変えて歌い手の視点にあうようにします。

 たとえばジュディ・ガーランドの‘The Man That Got Away’(「立ち去った男」)をフランク・シナトラがカバーした時はタイトルが‘The Gal That Got Away’(「立ち去った女」)に変わりました。

 逆に男性歌手の歌を女性歌手が歌う時は、‘she’「彼女」を ‘he’「彼」に変えるなどの処理を行います。たとえば男性であるジャック・ホワイトが歌っていたホワイト・ストライプスの‘Fell in Love with a Girl’(「とある女性と恋に落ちた」)を女性のジョス・ストーンがカバーした時は‘Fell in Love with a Boy’(「とある男性と恋に落ちた」)というタイトルになりました。

 これは歌い手のジェンダーにあわせて内容を変えるということをしない場合、歌詞に同性愛などの含意が出るため、それを避けるための処置だと考えられます。

 ジェンダーが違う視点の歌を歌うこと、とくに男性が女性視点の歌を歌うことについては、アメリカなどではかなりおさまりの悪いことと見なされています。2004年にシボレー・コロラドが作ったコマーシャルはこの感覚をよく反映したもので、完全に女性の視点で歌われるシャナイア・トウェインのヒット曲‘Man! I Feel Like a Woman!’を、男ばかりの車の中でひとりの男性が熱狂的に歌い出したせいで周りの仲間たちが居心地悪そうにするという内容です。

 別に歌詞に同性愛的表現があっても、男性が女性の気持ちになって歌っても何も悪いことはないのですが、ジェンダーとセクシュアリティに関するステレオタイプ、とくに男性はマッチョでヘテロセクシュアルでないといけないという同性愛嫌悪的な固定観念が強いためにこうしたことが起こると考えられます。

 こんな中、代名詞を変えなかったり、変えても最小限にとどめたりすることで解釈に幅が生まれて、クィアな読みが可能になっている歌もあります。有名なところでは、中性的な美声で通常は女声が担当するような音域も歌えたジェフ・バックリィは女性歌手の歌を歌う時でもあまり代名詞などを変えておらず、男性が女歌をそのまま歌うことで独特の効果をあげていました (Goldin-Perschbacher, p. 214)。興味深い例はいくつかありますが、今回はビートルズとホワイト・ストライプスの例を紹介しようと思います。

1 2 3

「ビートルズが歌う‘Boys’はなぜ面白いか 歌手のジェンダーと歌詞のジェンダーステレオタイプ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。