木下優樹菜に絡まれたタピオカ屋、「潰れろ」の中傷メール未だ止まず

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 木下はインスタで“木下組”なる自身のファンに向けて<ゆきなの周りのみんなと話し合って木下組とリモートで会う事にしたよ>などとリモート集会の告知をしたり、木下組から手紙や写真をもらったことを報告したり、友人とBBQや花火を楽しむ様子を公開したりしている。

 コメント欄には木下への熱烈な愛が感じられる木下組からのメッセージも多く、彼女が木下組に愛されていることがわかる。それにしても、あのような形で引退したにもかかわらず、たった一週間で23万のフォロワーを獲得した木下。フォロワーの全てが支持者ではなくアンチも含むとしても、彼女の言動や不倫報道などを意に介さずその存在に惹かれるファンがそれなりに大勢いることの証明だ。

 同じことは、6月にジャニーズ事務所を辞めた手越祐也にも言えるだろう。空虚な言葉を並べた手越の記者会見や著書にも、感動し勇気づけられるファンはいるのである。しかも様々なツールで彼らを身近に感じることができ、とダイレクトなコミュニケーションも叶わないでもない。

 そう考えれば、さまざまなトラブルがあっても、一度ファンを獲得したタレントが生き残りやすい時代になっているのかもしれない。ちなみに、木下はすでに手越のインスタをフォローしている。手越のYouTubeチャンネルに木下がサプライズ登場しても、盛り上がりそうだ。

1 2

「木下優樹菜に絡まれたタピオカ屋、「潰れろ」の中傷メール未だ止まず」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。