また田中圭!? 主演ドラマ3本連続の異様な状態、泥酔報道も心配の種に

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
また田中圭!? 主演ドラマ3本連続の異様な状態、泥酔報道も心配の種にの画像1

田中圭 所属事務所のオフィシャルサイトより

 田中圭の仕事ぶりが、度を超えている。7月から放送中の出演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)は今月24日に最終回を迎えるが、今月11日にはダブル主演の連ドラ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』(TBS系)の放送が始まる。さらに10月31日スタートの『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系/土曜午後11時)で主人公の教師を演じることが発表された。いくらなんでも、出過ぎだろう。

 2018年、4月クールの連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で主演俳優として大ブレイクした田中圭。そこからの活躍ぶりには、目を見張るものがある。

 2019年は、原田知世とダブル主演を務めた『あなたの番です』(日本テレビ系)が4月から9月まで半年に渡って放送され、8月には映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』が公開。11月からは続編となる連ドラ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)でも主演を務め、さらに連ドラ『Iターン』(テレビ東京系)、単発ドラマ『絆のペダル』(日本テレビ系)でも助演。

 今年は3月に単発ドラマ『協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』(テレビ朝日系)が放送されたほか、新型コロナウイルスの影響で放送が延期になっている主演連ドラ『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系)もある。本来ならばこれは『アンサング・シンデレラ』と同時期に放送の予定だった。

 また、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』のコーナー「ゴチになります!」にも2018年からレギュラー出演しており、収録には欠かさず参加。一体いつ休んでいるのか、不思議な状態なのだが、それでいて飲み歩く時間は削れないというのだから、あまりにもタフだ。

 しかし「飲み過ぎ」の弊害はすでに出ている。7月には、田中が二日酔いで顔がむくんだ状態のまま『アンサング・シンデレラ』の撮影現場に入り、主演の石原さとみを怒らせたと報じられたが、8月上旬の早朝、タクシーを利用した田中が泥酔状態で料金を支払えず、通報を受けた警察に数時間保護されていたこともわかった。コロナ禍でもあり、軽率な行動であることは否めない。

 田中が仕事のオファーを断れないのは、20代の頃にギャンブルで作った借金を事務所に肩代わりしてもらい、事務所に頭が上がらないからだとも言われるが、だとしても事務所側が仕事量を調整すべきではないだろうか。

 田中自身はワーカホリックを自認。2018年の大ブレイク直後、月刊誌「GOETHE」(幻冬舎)のインタビューで、忙しいことは苦にならないと語っている。田中は2011年に元女優と結婚し2児の父親だが、自宅にいる時は<何もしない、何もできない、典型的なダメ夫>とのことだ。

 前述のインタビューは今から2年ほど前のものだが、現在、当時以上に忙しくなっていることは確かだ。そして年齢も重ねており、酒の影響はより濃く体に出る。体調を崩せば元も子もなく、トラブルが報じられればファンも心配するだろう。また、たとえオファーが絶えない状態だとしても、あまりに出ずっぱりだと、飽きられてしまうリスクもある。働き過ぎは考えものだ。

「また田中圭!? 主演ドラマ3本連続の異様な状態、泥酔報道も心配の種に」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。