宮迫博之が号泣「絡まれへんのとちゃうん!?」 ホリプロ・井戸田潤が“共演解禁”で

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 雨上がり決死隊・宮迫博之と、ハンバーグ師匠こと井戸田潤が、双方のYouTubeチャンネルにサプライズ出演を果たした。一度は共演NGとなっていただけに、宮迫チャンネルでは井戸田の登場に宮迫が涙をぬぐうシーンもあった。

 昨年、世間を騒がせた芸人たちによる闇営業問題。多くの芸人はすでにテレビ復帰を果たしているが、その流れで吉本興業を辞めた宮迫だけは、いまだにテレビNGの状況が続いている。現在はYouTuberとしてチャンネル登録者数111万人と大成功している宮迫だが、今でも「テレビへの復帰は最優先事項ではあります」と強い意志を表明している。しかし、吉本興業が復帰を阻んでいることはもはや公然の秘密だ。

 吉本所属のお笑いコンビ・鬼越トマホークの金ちゃんと坂井良多は、宮迫との共演禁止令について明かしている。二人は丸山ゴンザレスのYouTubeチャンネルに登場し、「吉本に所属している以上、M迫チャンネルにだけは出るな、という雰囲気になっている」「出たらペナルティがあるんじゃないか、と」と打ち明け、吉本の恐ろしさを語った。

 いわく、「(吉本は)不義理をかまして辞めた奴をちゃんと殺すんですよ。芸能生命を殺すのか、本当に殺すのかは分からないですけど」「裏切り者は許さない」。彼らは冗談めかして話していたが、この言葉を裏付けるかのように、吉本所属芸人は宮迫との共演に難色を示している。

 人気YouTuberとなったカジサックことキングコング・梶原雄太は、宮迫がコラボを持ち掛けると「宮迫さんと(吉本タレントで)最初に共演すべきなのは相方の蛍原徹さん」とやんわり拒否。また、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜25:00〜)で、ナインティナイン岡村隆史は「(加藤浩次から)『お前も(宮迫のYouTubeに)出ろよ』って言われたけど、『俺は吉本の専属契約だから出られへん』って。宮迫さんに代わって『近々ご飯でも食べに行こう』って言われたけど、『専属契約だから』って(笑)」と断っていたのだ。加藤と宮迫から電話が来た際、岡村は動画を回していないかすごく気にしていたという。

 明確な圧力はないものの、吉本芸人の間で「出演するな」という空気はたしかにあるようだ。エージェント契約に切り替えた加藤浩次に関しては、その辺りがスルーされるということだろう。

 ちなみに、中田敦彦は吉本興業所属の芸人なので、共演NGの圧力も弱まったのかと思いきや、こんな声もある。中田は吉本の社長をはじめ幹部からとにかく評判が悪く、松本人志を批判した結果、朝の情報番組などレギュラー番組を降板させられ、テレビ出演は激減した。

 中田は自身が出演したラジオ番組で、『(吉本興業の)幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている。僕の意志としては謝らない。僕も覚悟を持ってやってますので』と暴露し、宣戦布告。それからは吉本に居場所がなくなったと言われている。中田の場合、YouTubeで成功しているので、そもそも宮迫とのコラボも吉本に了承してもらわずに独断で行った可能性が高い。

 宮迫は加藤浩次をチャンネル動画に呼び、「(吉本の人間とは)俺、今絡めない」状況にあると吐露。これまで何組か向こうから共演オファーが来たことがあったが、いよいよ収録となったときに「マネージャーレベルでは大丈夫だったんですけど、上にあげると『やめとけ』と(言われた)」と、ご破産になったという。その一人が、井戸田潤だった。

1 2

「宮迫博之が号泣「絡まれへんのとちゃうん!?」 ホリプロ・井戸田潤が“共演解禁”で」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。