伊勢谷友介の人生は「終わってない」 大麻所持で逮捕された漢a.k.a.GAMI、田口淳之介は今?

文=田口るい
【この記事のキーワード】
伊勢谷友介の人生は「終わってない」 大麻所持で逮捕された漢a.k.a.GAMI、田口淳之介は今?の画像1

漢a.k.a.GAMIと田口淳之介

 俳優の伊勢谷友介が8日、大麻所持で現行犯逮捕された。夏クールの連続ドラマ『未満警察 ミッドライトランナー』(日本テレビ系)にも出演し、5日に最終回が放送されたばかりというタイミング。

 伊勢谷は10月に『とんかつDJアゲ太郎』、11月に『十二単衣を着た悪魔』、来年のGWに『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』など、複数の出演映画の公開を控えており、ネットでは「伊勢谷さんが出てる映画はどうなるの?」「お蔵入りってことはないよね」と心配の声も多い。

 伊勢谷は実業家でもあり、通信制サポート校のLoohcs高等学院の学長も務めていたが、今回の逮捕を受けて運営会社が今後について「特別授業などを除いて通常時に学長である伊勢谷が関与しておらず、現在の運営においても伊勢谷の逮捕による実務的な影響はございません。学生への心理的影響を少しでも和らげられるように、教員一同で取り組んでまいります」と説明している。

 逮捕されると当然ながら仕事をはじめとした日常生活に支障が出てしまい、関係者や家族、ファンに多大な迷惑や心配をかけることになる。芸能人の場合は、撮影中のドラマや映画はもちろん、過去の出演作の扱いにも影響が出ることがほとんどだ。

 沢尻エリカが昨年11月に麻薬取締法違反で逮捕された際には、出演していたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が撮り直しとなり、彼女の代役探しでNHKが奔走。今年2月に沢尻は東京地裁で懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡されたが、その後も表舞台から姿を消したままとなっている。

 伊勢谷友介の場合、起訴されたとしても大麻所持の初犯ということで懲役6カ月、執行猶予3年となる可能性が高いとみられているが、その後の生活はどうなるか。いくつかの事例を見ていきたい。

漢 a.k.a. GAMI、新たに猫を飼う

 ラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系・AbemaTV)に出演して人気を博していたラッパーの漢 a.k.a. GAMIは、今年5月に大麻取締法違反容疑で逮捕され、尿検査で覚せい剤の陽性反応も出たと報じられた。その後、YouTubeで謝罪動画を公開し、自身が代表を務めていた音楽レーベル「鎖グループ」の代表を辞任することを発表。さらに保釈中だった6月にふたたび大麻取締法違反で逮捕された。

 短期間で二度も逮捕された漢だが、7月末に処分保留で釈放され、8月7日からはインスタグラムの更新も再開。定期的にインスタライブを開催してファンからのコメントにも回答している。かねてから猫好きで知られる漢は「家族が増えました」と新たな猫を迎えたことを報告したり、仲間とバーベキューを楽しむ様子を公開したりと、インスタ投稿を見る限りでは至って平和で穏やかな日々を送っているようだ。

1 2

「伊勢谷友介の人生は「終わってない」 大麻所持で逮捕された漢a.k.a.GAMI、田口淳之介は今?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。