大野智のアート作品、その腕前は? 公開時に歓声が沸いたあの人の似顔絵

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
大野智のアート作品、その腕前は? 公開時に歓声が沸いたあの人の似顔絵の画像1

嵐Instagramより

 大野智の個展「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」が9月9日より開幕した。展示作品は、旧作では絵画約40点、立体作品約130点、写真約10点などだ。嵐の通算58枚目のCDシングル『カイト』のジャケットのために書き下ろした絵画など、新作も約20点以上を展示。今年の春に1週間ほどで完成させたという故・ジャニー喜多川氏の肖像画は、大野にとっても思い入れのある作品だという。

 今回の作品展は、大野にとって5年ぶり3回目。2008年2月に開催した初の作品展『FREESTYLE』では約10万人を動員。2015年には中国・上海で『FREESTYLE in Shanghai 2015 楽在其中』、東京・大阪で『FREESTYLE II』を開催し、こちらも累計で約12万人を動員した。

 そんな大野のアート作品にファンは多く、ジャニーズの仲間から「自分の絵を描いて欲しい」とリクエストされることも少なくないようだ。7月9日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)では、リモートでゲスト出演した三宅健が、「大野くんがうちの岡田(准一)に絵を描いてあげると約束したという話を聞いたんだけど、僕にもくださいよ」とねだる場面があった。三宅は大野の個展に一番最初に足を運んだという。

 4月4日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)では、2011年に大野が「10年越しに約束を果たす」形で描いたという、亀梨和也の肖像画を公開。事の発端は、デビュー前の亀梨が嵐のライブツアーでバックに付き、大野のサポートを担当していた時だったという。

 亀梨の誕生日の話になり、大野から「何か欲しいものあるの?」と聞かれた亀梨は、「じゃあ大野くんが描いてくれた絵が欲しいです」とリクエスト。大野は快諾したものの、なかなか着手しないまま何年も経過してしまった。

1 2

「大野智のアート作品、その腕前は? 公開時に歓声が沸いたあの人の似顔絵」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。