避妊の知識が足りないのは“若い女性”だけなのか? 緊急避妊薬のイメージと大人の性教育不足

文=雪代すみれ
【この記事のキーワード】
避妊の知識が足りないのは若い女性だけなのか? 緊急避妊薬のイメージと大人の性教育不足の画像1

Getty Imagesより

 7月21日、「緊急避妊の薬局での入手を実現する市民プロジェクト(通称:緊急避妊薬を薬局でプロジェクト)」が、緊急避妊薬のアクセス改善を求めた約7万筆の署名を提出しました。その関連で、7月29日の『おはよう日本』(NHK)では、緊急避妊薬のアクセス改善に関する特集が組まれましたが、ある発言がネット上で物議を醸しました。

 話題になったのは産婦人科医会の前田津紀夫副会長の次の発言。

<日本では若い女性に性教育 避妊も含めてちゃんと教育してあげられる場があまりに少ない “じゃあ次も使えばいいや”という安易な考えに流れてしまうことを心配している>

 これに対しツイッターでは「性教育が遅れているのは女性だけではなく社会全体の問題」「妊娠は女性だけでできるものではない」「避妊に失敗してしまい、緊急避妊薬を使ったことがあるけれども、生理がくるまで本当に妊娠していないか不安だったし、副作用の吐き気が辛くて気軽に”また使おう”と思えるものではなかった(※)」など、前田副会長の発言に否定的な意見が多数書き込まれました。

※「#緊急避妊薬を薬局でプロジェクト」のHPのQ&Aによると、<緊急避妊薬は安全性が高く、重大な副作用はありません。緊急避妊薬を内服した後、3.6%に悪心が認められたという報告がありますが、従来のヤッペ法と比べて嘔吐を生じることはまれです>とのこと。

 2019年に行われた「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」でも、専門家から「若い女性が悪用するかも」「若い女性には知識がない」という発言がありました。「悪用」とは検討会の議事録を見る限り、転売もしくは緊急避妊薬をアテにし、コンドーム等での避妊を行わないという意味だと思われます。

 転売について何かしら対策が必要という考えには私も賛成です。しかし、生理がくるまでの妊娠不安を考えたら、緊急避妊薬をアテにし、通常の避妊をしない女性が爆発的に増えることはあまり想像できません。また、そういう女性がいるとしても、性行為も避妊も一人でするものではないので、「女性の悪用」とされることには疑問を抱きます。さらに同検討会では学校での性教育の遅れについても言及していますが、なぜ知識がないのは“女性だけ”と考えられているのでしょうか。

 男性と比べて女性は極端に性の知識不足なのか。「女性が悪用するので緊急避妊薬を気軽に入手できるようにすべきではない」という考えは一般的なのか。緊急避妊薬の知識やイメージに関して、アンケートを行えるサイトにて、20~60代の男女計19名から回答を得ました。

緊急避妊薬の薬局での販売に賛成は

 まず、「緊急避妊薬についてどのくらい知っているか」について、

①名前自体初めて聞いた
②名前は聞いたことがあるが、どんな薬なのか詳しくは知らない
③名前を知っているし、妊娠の可能性のある性行為から72時間以内に飲まなければいけないことも知っている
④名前も制限時間があることも、副作用があることも知っている

 の4択で尋ねたところ、最も多かったのは②名前は聞いたことがあるが、どんな薬なのか詳しくは知らない、と回答した8人で、①と②を合わせると、緊急避妊薬にどんな効果があるのか知らない人は過半数でした。なお、④名前も制限時間があることも、副作用があることも知っていると回答したのは女性のみでした。

 緊急避妊薬の薬局での購入については、15人が賛成。それぞれの意見も紹介します。

【賛成】

・病院に行って処方してもらうまでに時間がかかったり、病院に行くことを恥ずかしく思う人にとって、薬局で購入できるのは便利だと思う(20代女性・学生)

・コンドームによる避妊をしていたとしても失敗してしまった場合に早めに服用したい。日曜日などはやってない病院もあるので、近くにある薬局に置いてあると安心感が大きい(20代女性・無職)

・海外では割とスタンダードに入手できるから(30代女性・会社員)

・効果や副作用について問題がないのであれば賛成です。避妊方法が増えるのは良いことだと思います。緊急避妊薬が入手しやすくなっても、女性の性の乱れにつながるとは思いません(40代男性・営業職)

・安全性が確保されていることが前提ですが、女性にとって不本意なシチュエーションがあった場合にすぐに購入して対処出来る事は良いと思う(60代男性・音楽関係)

【反対】

・男性がコンドームを使うことを拒否するようになりそうだから(20代女性・専業主婦)

・薬局では副作用に対応できないのではないか(30代女性・会社員)

・薬に頼りすぎるのは良くないし、甘い考えが出てきそう(30代男性・建設業)

 次に「緊急避妊薬が手に入りやすくなるならコンドームを使用しなくていいと考えますか?」と伺いました。こちらは一人を除き、全員が「いいえ」と回答しました。

・性病防止にも必要なので、妊娠を望まない時は常に使うべき(20代女性・主婦)

・緊急避妊薬はあくまで緊急の時のみ使用するもので、自身での避妊対策は必ずしなければいけないと思う(20代女性・無職)

・性感染症をうつしてしまうかもしれないから、コンドームは常に使うべきだと思う(30代男性・会社員)

・制限時間や副作用の問題があるためコンドームの使用は必要(20代男性・自由業)

・緊急避妊薬についての知識が十分に無く、肯定しにくいです(60代男性・音楽関係)

 ちなみに、「コンドームでの年間避妊失敗率は2~18%と言われています。このことを知っていましたか?」と尋ねたところ、過半数が「いいえ」との回答。「コンドームをしていれば妊娠しない」と思い込んでいる人は少なくないのかもしれません。

1 2

「避妊の知識が足りないのは“若い女性”だけなのか? 緊急避妊薬のイメージと大人の性教育不足」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。