ドコモ口座の不正問題でドコモの信用失墜 「二次被害」の詐欺発生にも注意を

文=柴田さとみ
【この記事のキーワード】

 ドコモ側だけでなく、被害者の出た銀行側のセキュリティも改善の余地がある。ドコモ口座との提携先でもみずほ銀行や三井住友銀行では、今のところ被害は確認されておらず、ネットでの送金手続きでもワンタイムパスワードなどで厳しく本人確認をしているためだとみられている。他方、被害に遭っている地方銀行などでは、ドコモ口座と紐付ける際、本人確認は氏名と生年月日、口座番号、暗証番号だけだった。

 また、番組コメンテーターの玉川徹氏は、<今このことで多くの人が自分は大丈夫だろうかと不安に思っている。そこにつけ込んだ二次犯罪が起きないか心配だ>と、事件に便乗したさらなる詐欺被害への警鐘を鳴らしたが、これはもっともなことである。たとえば、「あなたの口座が不正に利用された可能性がある」などとして、口座情報を入手しようとする詐欺が発生しないとも限らない。

 一方で玉川氏は、むやみに誕生日を公表しないことや、クレジットカードなどを大量に持たないこと、たくさんの通販サイトを利用して個人情報流出のリスクを増やさないようにすることが大切だとコメントしてもいるが、そもそも今回の事件で使われた被害者の口座情報がどこから流出したか、その経路はわかっておらず、クレジットカードが関係しているかは不明だろう。

1 2

「ドコモ口座の不正問題でドコモの信用失墜 「二次被害」の詐欺発生にも注意を」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。