『半沢直樹』堺雅人の「NGほぼゼロ」ぶりに感嘆 完璧な演技の裏にある並々ならぬ努力

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
『半沢直樹』堺雅人の「NGほぼゼロ」ぶりに感嘆 完璧な演技の裏にある並々ならぬ努力の画像1

『半沢直樹』(TBS系)Instagramより

 『半沢直樹』(TBS系)の製作にあたり、堺雅人らキャストやスタッフは“限界”状態まで追い込まれているようだ。

 9月8日発売「女性自身」(光文社)によれば、特に主演の堺雅人の負担は大きいという。堺は帰宅後、子どもが寝静まってから朝方近くまでセリフ覚えを行い、翌日も早朝から撮影に向かうというスケジュールだそうだ。睡眠時間がわずか2時間という日もあり、たまに撮影が入っていない日は泥のように眠っているという。

 現在のドラマの現場ではコロナウイルス対策をしながら撮影をこなしていかなくてはならない。フェイスシールドの着用や消毒などこれまでは必要のなかった作業も必要なうえ、現場に入ることのできるスタッフの数もしぼられており、コロナ禍前よりも確実にスケジュールに余裕がない。

 しかも、『半沢直樹』の場合は8月中旬に社外の制作スタッフにコロナ感染者が出ており、一時的に撮影を休止せざるを得ない状態にもなっている。こうしたことから9月6日に放送予定だった第8話は急きょ延期になり、『生放送!!半沢直樹の恩返し』と題したトーク番組が放送されるという異例の事態になった。

 しかし、そこで出演者から語られていたのは、体力的に限界のなかでも完璧に仕事をこなしていく堺の姿だったのである。

 『半沢直樹』は銀行業務や経済に関する専門用語が多数含まれているうえ、早口で畳み掛けるように言葉を継いでいかなくてはならない場面も多い。しかし、堺は難易度の高いセリフまわしでまったくミスをしないという。

 半沢直樹にとって宿命のライバルである東京中央銀行常務・大和田暁を演じる香川照之は<堺さんはシーズン1からいままでに(NGを)5回も出してないよ、全部で。噛みもしない。すごいですよ>と大絶賛していた。

 座長がそこまで完璧な演技をしていることは、共演者にとってプレッシャーですらあるようだ。第2シーズンからドラマに加わったアンジャッシュの児嶋一哉は<堺さんがもっとNG出してくれたらこっちは楽になるんですよ。出さねえから、もう。全然出さねえから>と逆ギレ。香川から大和田常務の口調で<降板してもいいんだぞ!>と怒られるくだりもあった。

1 2

「『半沢直樹』堺雅人の「NGほぼゼロ」ぶりに感嘆 完璧な演技の裏にある並々ならぬ努力」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。