青汁王子が「反社との関係」書かれ日刊ゲンダイに激怒、「金はらえばどんな記事でも書く」などと主張

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 「事実無根なので、至急記事を取り下げてほしい」という旨を伝える三崎に、反社会勢力との関係を示す写真も持っていると記者。三崎は「ないですよ。断言します」と食ってかかる。日刊ゲンダイ側は弁護士と話をして明日また連絡するというが、「記事が出ている以上、どんどん誤った情報が拡散されるので、すぐに記事を削除してほしい」と三崎は頼んだ。しかし日刊ゲンダイ側にも記事の内容に相当の自信があるのだろう。

 三崎は「これはメディアを使った反社ハラスメント」と憤り、翌日にも記者へ電話をかけている。そして「日刊ゲンダイさんはお金貰ってこれ、記事書いてるじゃないですか」「一口150万円でしたっけ? そういう項目もあったんです」などと記者をなじり、この電話の録音をYouTubeに公開するとまくし立てた。すると記者は電話を切ってしまい、その後は「何度電話をしても出てもらえず、メールの返信もなし」だという。

 その後、三崎は「日刊ゲンダイのタブー」として、お金を払えば記事を書いてもらえる、その際の額は1記事80~150万円、コースの違いはPVの保証があるかどうか、などと明言。しかしそれはタブーというより、一般的な“記事広告メニュー”だと思うのだが……。三崎は、自身の名誉を傷つけるような記事も、何者かの依頼による“広告”だと言いたいようだ。「僕の記事が消えないのってアクセス保障に達してないからじゃないの?」などと話していた。

 最終的に三崎は、日刊ゲンダイを訴えて損害賠償と謝罪広告を要求すると宣言。その後、記者からメールが届き、記事を取り下げる代わりに、損害賠償請求および刑事告訴はしないで欲しいという連絡が来たというのだが、現在も当該記事は掲載されている。

1 2

「青汁王子が「反社との関係」書かれ日刊ゲンダイに激怒、「金はらえばどんな記事でも書く」などと主張」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。