NiziUは「世の中で一番美しいもののひとつ」 J.Y. Parkの指導法に唸る

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
NiziUは「世の中で一番美しいもののひとつ」 J.Y. Parkの指導法に唸るの画像1

J.Y. Park(Getty Imagesより)

 J.Y. Parkとマツコ・デラックスの対談がついに実現した。マツコは『Nizi Project』(Hulu)およびNiziUのファンであることを公言してきたが、9月12日放送『マツコ会議』(日本テレビ系)にJ.Y. Park がゲスト出演し、ついにふたりは(オンラインだが)初対面を果たした。

 マツコ・デラックスは7月10日放送『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、『Nizi Project』におけるJ.Y. Parkの指導法について、<あの人ね、優しいんだよね。絶対に『あなたダメ』とは言わないの。だから、今の若い子にすごい響いたんだと思う>と絶賛。対談でマツコがJ.Y. Parkに聞きたかったのも、やはりその指導法についてだ。

 マツコは<見てて本当に思ったのは、ものすごく真っ当なことをされているなと思ったの。褒めるべきところはちゃんと褒めて、もっと努力した方がいいところは厳しくちゃんと指摘して>と、J.Y. Parkの指導法をあらためて称賛。

 そしてJ.Y. Parkの指導法が際立っている理由について、<なんかそれって、面倒くさいのよ、結局。それを、すごいちゃんとやられる方だなって思ったの>と分析した。

 マツコの発言を受けてJ.Y. Parkは、指導に必要なのは“相手への関心と愛”であると断言。このように話してくれた。

<褒めるのも、叱るのも、どっちも、その人についてしっかり知っていることが一番大切だと思います。しっかり知らないで評価をしたら、効果が全然ないです。だから、始まりは、その人についての関心と愛だと思います>

 J.Y. Parkの答えを聞いてマツコは深くうなずく。<すごく手間のかかる作業をやられているのよ。J.Y. Parkさんは。それが見えたから、みんな心が動いたんだと思う>と語り、ひとりひとりに向き合う彼の姿勢を高く評価する。

 ただ、J.Y. Parkにとってそれは「面倒」ではないようだ。J.Y. Parkにとって新人の歌手をプロデュースすることは「幸福」である。彼は番組の中でこのように語っている。

<僕にとって、世の中で一番美しいもののひとつは新人の瞳だと思います。新人の瞳の中に夢、情熱、切実さなどが全部込められているからです。その瞳を見ながら一緒に夢を叶えることは、一番幸せなことです>

1 2

「NiziUは「世の中で一番美しいもののひとつ」 J.Y. Parkの指導法に唸る」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。