YouTuberヒカルの偽Twitterアカウントが跋扈! 本人と誤解したフォロワーが10万人超の異常事態

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

前澤友作氏の偽アカウントも「お金ばらまき」

 ヒカルは9月8日に公開した動画で「SNSをやめます」と宣言。以前はTwitterアカウントが公式のものも含めて5つあったが、内サブ垢2つのアカウントを消すという話だ。これからはメインのアカウント、ヒカル公式アカウント、ReZARDのアカウントといった、公のアカウントのみで活動するという。

 サブ垢はこれまでファンとの交流の場として使っていたが、「視聴者との距離を近づけ過ぎた」とヒカル。ヒカルはこれまで、“文春砲”やゴシップ大好き配信者・コレコレの配信などで、ノリノリでファンと性的な会話を楽しんでいることを暴露されてきたのだ。

<今の自分の影響力をちゃんと理解して行動を改めないといけないなって思った時に(個人のSNSは)いらないなって。それ(個人のSNS)があったら間違いなく自分の未来の妨げになるなっていう風に思ったんで>

 そしてヒカルは、サブアカウントを削除。とはいえここで問題となるのが、ヒカルがサブ垢を削除することで、これから「ヒカルのサブ垢」と騙ったアカウントも出てくるであろうことだ。もはやキリがない。

 ちなみに、『お金配りおじさん』で知られる前澤友作氏も偽アカウントが大量にあり、注意喚起をしているところだ。偽アカウントは“情弱”なフォロワーを炙り出し、DMなどで巧みに誘導して詐欺などに利用する可能性もある。Twitterの公式マークさえも偽造しているという悪質さの偽アカウントもあり、騙されないように十分気を付けてほしい。

1 2

「YouTuberヒカルの偽Twitterアカウントが跋扈! 本人と誤解したフォロワーが10万人超の異常事態」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。