「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメ

文=雪代すみれ
【この記事のキーワード】
「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像1

Getty Imagesより

 服は「着なくてはいけないもの」である一方、娯楽や飾る意味も持っている。だから他者から服装を「おかしい」とジャッジされて嫌な気持ちになっても、「なら黙らせられるような格好をすればいい」とか「強く見えるように自衛したらいい」なんて反論されてしまうこともある。

 はらだ有彩さんが上梓された『百女百様 〜街で見かけた女性たち』(内外出版社)は、そんな言葉に傷ついたときに味方でいてくれる温かい本です。

 8月9日に行われた、はらだ有彩さんと漫画家の瀧波ユカリさんによる、オンライントークイベント「私が私でいるための「装い」」(@ロフトプラスワンウエスト)では、瀧波さんのファッション史や、はらださんのファッションの失敗談、瀧波さん発案の「ジャッジカルチャー」について熱いトークが繰り広げられました。

 本記事では、第二部の続きと、視聴者からの質問への回答の様子をダイジェストでお届けします!

ここまでのイベントの様子はこちら
第一部
第二部の前半

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像2

はらだ有彩(テキストレーター)
テキスト、テキスタイル、イラストを作る“テキストレーター”。著書に『日本のヤバい女の子』『日本のヤバい女の子 静かなる抵抗』(ともに柏書房)がある。様々なメディアで、小説やエッセイを連載中。

twitter : @hurry1116

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像3

瀧波ユカリ(漫画家)
1980年生まれ。24歳フリーター女性の日常を描いた『臨死!!江古田ちゃん』で2004年に漫画家デビュー。2017年より『モトカレマニア』を連載中。特技は西洋占星術。パートナーひとり子どもひとりの3人家族。札幌市在住。

twitter : @takinamiyukari

他人がジャッジできない装い——なぜなら私は毎日コスプレをしているから

 瀧波さんは、他人のことをあれこれジャッジしてもいいとされている風潮や文化のことを「ジャッジカルチャー」と呼んでいる。「ジャッジカルチャー」という言葉があることで、個人の問題に矮小化せず、ジャッジをしてしまう現象に注意を向けられるのが良い、という話で前回は盛り上がった。

 ジャッジカルチャーという「他人の服に言及してもいいという社会の空気」が多くの人々の間で共有されることで、「ジャッジしてきた人を撃退できなかったあなたが悪いわけではない」「あなたは装いを間違えたってことにならない」のがいいと話すはらださん。

 はらださんからは「ジャッジカルチャー」という考え方に出会うまで、別の方法で撃退していた経験談が語られた。

はらだ有彩さん(以下、はらだ):今回「ジャッジカルチャー」という言葉を知るまでは、私は自分でルールを作るのが一番有効だと思っていたんです。ときどきツイッターで「今日のテーマ」を決め、服装を投稿しているんですけれど、例えばこれは「『ぞうのエルマー』(BL出版)とコラボしたトランプ」というテーマなんですね。

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像4

瀧波ユカリさん(以下、瀧波):これはぞうのエルマーに出てくる柄に本当にそっくりだね。でも公式ではないんだよね?

はらだ:全く公式ではないですね。古着屋さんに行ったら「はらださん用にとっておいたよ」って出されて、否応なく買わされたんです(笑)

 次にはらださんが紹介したのは、ヤンキーゲームで総当たり戦になったときに3番目くらいに出てくるNo.3くらいの白ラン。

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像5

瀧波:上の立場の人ってよく白い服を着てるよね!(笑)

はらだ:例えば「すごく派手だけど、今日はデートなの?」と聞かれても、「今日は番長なので」と答えれば、「モテかモテじゃないか」というジャッジを独自のルールで上書きできるんです。ただ、私がルールを考え、相手に対抗しないといけないってすごく属人的な方法だなと思って。私が一人で戦って、一人で勝たなければならない。その点、「ジャッジカルチャー」という言葉を使えば、「ジャッジしてもいいというムードが蔓延っている世の中」を可視化することができるから、「嫌なら個人で頑張れよ」という個人の戦いにしなくても生き延びることができるなと思います。

瀧波:私は「今日は番長なので」と答えるのも使えると思う! 周りに何か言われるのを恐れて、おしゃれできない人はそれなりにいると思ってて。自分から「これは○○です」って言わなくてもいいけど、言われたときに答える言葉を決めておくことで自分を強く保てるよね。はらださん流の日常にコスプレを持ち込む方法も広げていきたい。

 私も「ママ友っぽいファッションをした方がいいのかな」って悩んでいた頃の自分に言うなら「今日はファンキーなママ友」とかテーマを決めればいいじゃん! って言う。「ママ友」という要素を完全になくすのに抵抗があるなら、もう一つ要素を付け足すのもいいなって。

 「ジャッジカルチャー」という概念を持つことも、装いのテーマを決めておくことも、「他人の装いをジャッジする」という相手の土俵で対峙しないことが共通してる。「ジャッジされるのが嫌だな」と感じている人は、自分に合う方法をとってもいいし、そのときどきで使い分けてもいいかもしれない。最初は周りの目が気になるかもしれないから、家の中でゴリゴリに好きなものを纏ってみてもいいよね。

はらだ:外出自粛の世の中になってから、外出するにはちょっと長すぎて引きずっちゃうスカートや、「肩パットすごいね」って頻繁に言われるのがうっとうしい服を「家の中で着たおしたろ!」と思い、ツイッターに載せていないときも一人でファッションショーをしています。瀧波さんがおっしゃっていたように「好きなものと自分しかいない、一対一の関係」になるのがすごく楽しいです!

瀧波:すごくいい!!!

 私、小学校の入学式で着た赤い服に思い出があってね。地元のデパートに行って、母から「着たいものがあったら持ってきていいよ」と言われて、田舎だからそんなに奇抜な服はないんだけど、その赤い服がパッと目に入ったの。それで母に「これが着たい!」って持っていったら、「すごくいいじゃん!」って採用されて。“自分で選んだものが他人から評価された”大切な思い出……。

はらだ:服には思い出や人生、そのときの感情などと密接につながっている部分がありますよね。だからこそ気軽に「今日は○○だね。ということは□□なの?」と勝手にジャッジすることは、実はその人の人生に重い投げかけをしている。そんなことを気付けていけたらいいなと思います。

「自由に服を着ていいよ」って言われたら

 ここからは質問コーナー。まず「二人がおばあちゃんになったときにしてみたい服装はありますか?」との質問が。はらださんは、『文藝 2020年秋季号』(河出書房新社)に掲載されている王谷晶さんの小説『ババヤガの夜』で引用されている、スラヴ民話に登場する魔女(鬼婆)のような格好をしてみたいとのこと。瀧波さんは「海外のおばあさんのファッションを見ていると、私が10代の頃よりも肌を出しててかっこいい。だから私も露出度の高い格好をしてみたい」そうです!

 次に「ジャッジカルチャーはダサいよ、という指摘はダサくなっちゃいますか?」と、考えさせられる質問が届きました。

瀧波:大丈夫大丈夫! ならないよ!!

はらだ:「“多様性を認めたくない”という多様性は認められないんですか?」という問いかけに遭遇することってあると思うんですけど、これって言葉遊びの上では矛盾しているように見えるけれども、「人類が今後どこに向かっていきたいか」を考えると矛盾していないんです。文字は文字だけで存在しているわけではなく、私たちがどこかに向かっていくために使っているものであり、前提を理解すると全然矛盾しないと思います。ときどきこういった話が持ち上がりますが、それはダサくならないよって認識を共有して話していけるといいかなと思います。

 続いて、「自分の持ち前の体型など、物理的な壁がなければ“本当はこういう装いもしてみたい”と思う装いはありますか」という質問がありました。

はらだ:私は裸足を取り入れたいです。科学が発達し、人類が浮いたまま移動できるようになったら、裸足を前提としたファッションが流行ると思うんです。

瀧波:浮いてるっていうのは足が地面につかないということ?

はらだ:そうです、だから足を保護しなくていいってことですね。

 今は靴って「履かないと外に出られないもの」ですよね。物理的にも足を保護しなくてはいけないし、その上、文化的な意味合いで「その場にふさわしい靴を履くべき」という縛りまである。文化的な縛りには、みんな息苦しさを感じてて、#KuTooや「男性の革靴も辛い」という話など、しばしば論争のテーマになっています。

 でもそもそも靴って、服に比べると物理的な縛りが大きすぎますよね。耐久性や足を保護できる機能、歩きやすさなどをそもそも備えていなければならない。まだまだ靴は物理的に自由ではない。それなのに、文化的な面が先行して「この場面ではこの靴を履くべき/履くべきではない」と気軽に指摘していいことになっている。実は今現在もまだ、靴は呑気に文化的な縛りに口出しできるほど土壌が整っていないのでは!?と思います。ハイヒールから「長時間歩けない」「痛みを伴う」という要素がなくなっていないのに、むしろいないからこそ、「履くべき」というなんてナンセンス。極論、浮いて歩けるようになって、靴が機能から自由になったときに、本当にドレスコードの話ができるのでは。

瀧波:もし足が浮くようになったら、シャボン玉みたいなものに足を突っ込んで、足首のところで止まって、それが足の甲を包んで歩けるとかだったら良くない!?  透けて見えたり、グラデーションになっていたり、色が綺麗に光ったりとか……!

はらだ:めっちゃ夢がありますね! その色と靴をコーディネートしてもいいですし。

瀧波:「足に負荷をかけない」という大前提で、どれだけ負荷をかけないかというところで競ってほしい。ハイヒールは美しいラインを作るために、足に負荷をかけることが前提になっていて、綺麗に見せることと足への負担のバランスが難しい。「ラクになればなるほどオシャレ」みたいな履物もあっていいと思うなあ。

はらだ:テクノロジーが進化して、苦痛をまったく伴わない靴ができれば、みんな安心して表装の話ができるかも。 瀧波さんは物理的な壁がなければしてみたい装いってありますか?

瀧波:もし子どもの頃に「自由に服を着ていいよ」って言われたら、何を着るかなって考えたんだけど、今とあまり変わらないかな。この質問は考えたことがなかったから結構難しい。「制約がなければもっとこういう格好もできるのに」って多分あるはずなんだけどね。“シンプルで無駄のない、選ばれた質感のものをバランスよく着ている”みたいなキメキメな感じへの憧れはあるかな。「キメキメすぎる」というのもジャッジされやすい対象ではあるよね。

はらだ:キメキメすぎるのって何がダメなんでしょうかね? むしろ最高では? 「周囲のみんなのキメキメ度とバランスが取れていない」とか「強そうでコントロールしにくそう」とかですかね? 「気合い入りすぎ(笑)」とかいう台詞っていまだに見かけるけど、気合い入ってるのめっちゃいいことでは。さっぱり分からん。

瀧波:不思議だよね……。 話しているうちに、してみたい装いを思いついたんだけど、髪の毛を紫に染めて、ぶどうのツルで編まれたカゴバッグを持った、オシャレなおばあちゃんマダムになりたい! カゴバッグは日本に職人が一人くらいしかいない、6万円くらいするもので。

はらだ:なりたいイメージの設定がめちゃくちゃ細かいですね(笑)。 そこまで厳密だと猛スピードでなれそうだし、聞いていて勇気がわきますね!

服やアクセサリーが作られたストーリーも大切にしたい。

 「今日何か発見はありましたか?」という質問も届いた。はらださんは「ジャッジカルチャー」の考え方が特に印象に残っているとのこと。

瀧波:私ははらださんがプロフィール写真でつけている、「動脈と静脈のアクセサリー」をもう1回見たいな! 良い意味なんだけど、作った方も作った方だし、買った方も買った方だなって(笑)。見たら笑っちゃうんだけど、じわじわ欲しくなってくるものがある……!

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像6

はらだ:身につけていると「今、体に血が流れている!」という気分になれてお気に入りなんです!また海外に渡航できるようになって、作った人に会えたら瀧波さんの分、買ってきます(笑) 最近新しくした、プロフィール写真でもこのアクセサリーをつけていて。「私はすごく血気盛んです!」ということを表そうと思って、静脈をつけてこっち向いているという写真を撮ったんです。

瀧波:面白グッズにしてもストーリーってすごく大事だなと思ってて。設定がなければすぐ忘れると思うんですけど、「静脈と動脈」って聞いたら、ちょっとそれなに!? もっと聞かせて!! ってなるんですよね。

はらだ:モノが作られた背景や人のストーリーがあるかもしれないと思うことで、気軽に「なんかそれイマイチじゃない?」って言えなくなりますしね。

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像7

「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメの画像8

瀧波:この、沖縄の大宜味村の豊年祭の様子をアーティストの神藤修治さんが柄として描いたジャンパーがすごく気に入っているんです。離れて見ると洋風なんだけれども、法被を着ている人がいたり、近くで見るとすごく日本っぽいんだよね。「なぜこれを絵に描いて、なぜこれをジャケットにした!?」と思いながら買ったよね(笑)。

はらだ:例えば、そのジャンパーを気軽に貶したとしたら、その服を作った人の思いや、そこに描かれている人々を一緒くたに矮小化することになる。「ね、だから人の装いは簡単にジャッジしてはいけないんだよ」と説得するのにすごくいいのでは!?と思ってしまいました(笑)

瀧波:もしこのジャケットが笑われたら、「だってこれ沖縄方面の祭りの絵だよ!めっちゃ良くない!?」って普通に言うと思います。どストレートに「なぜお前は良さが分からないんだ!」って言ってしまいそう(笑)

 最後にお二人から一言ずつコメントがありました。

瀧波:あと2時間くらい話したいです(笑) 。決められた時間の中で話して楽しかったし、今はなかなか人集めてイベントができないから、こういう形でも聞いてもらってすごくありがたいですし、コロナが収束した後にまたみんなで集まってこういう話ができたらいいなと思います!

はらだ:私は今日、瀧波さんのファッションの話から人生を感じました。装いと人生って切り離せないし、明日も人生は続いていくので、明日も好きなように装っていこうと思います!

(取材・構成/雪代すみれ)

ーーー

東京で、大阪で、パリで、中国で…、さまざまな場所で見かけた女性たちとその自由な装いを、はらだ有彩が独特かつ繊細で美しい文章とイラストで描いた一冊。

ドラマ化もされた爆笑必至のラブコメディ第5巻。大好きな元カレ・マコチとよりを戻した難波ユリカ。ところがマコチは物件を売りたいという桃絵に惹かれて…⁉︎

「「ファンキーなママ友」「番長スタイル」ダメ出しなんて受け付けない自由な装いのススメ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。