嵐の英語曲が軒並み不評「日本語でいいのに」…ブルーノ・マーズ提供曲はどう受け止められる?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
嵐の英語曲が軒並み不評「日本語でいいのに」…ブルーノ・マーズ提供曲はどう受け止められる?の画像1

嵐Instagramより

 嵐の新曲「Whenever You Call」が9月18日に配信される。この曲はブルーノ・マーズが楽曲制作とプロデュースを担当した曲としても話題だ。

 「Whenever You Call」は嵐の活動休止予定を知ったうえで、ブルーノ・マーズがこれまでの嵐の楽曲やライブパフォーマンスを確認して書き下ろした、嵐史上初の全英語詞によるミディアムバラードだという。

 2018年のグラミー賞で主要3部門を総ナメにした世界的なスーパースターの楽曲提供に注目が集まる中、当の嵐ファンは、嵐の世界展開にあまり好意的ではないようだ。

 9日に「Whenever You Call」のリリース情報が解禁になった際も、ネット上では「嵐もブルーノも好きだけど楽曲提供はなんか違う」といった声があがった。

嵐の英語曲は「嵐らしくない」?

 嵐は活動休止前ラストイヤーのチャレンジとして世界進出の動きを活性化させた。J-POPよりも海外の音楽トレンドを意識し、海外ミュージシャンとコラボした配信限定シングルシリーズを昨年末からスタートさせた。2019年11月に「Turning Up」、今年7月には「IN THE SUMMER」をリリースしている。

 Black Lives Matterの高まりを受けたアメリカ音楽業界のボイコットによってリリース延期になってしまったが、本来であれば6月に「Party Starters」という曲も配信される予定だった。ブルーノが書いた「Whenever You Call」もこの流れにある楽曲だろう。

 しかし、英語詞を中心としたこれらのシングルは旧来の嵐ファンからはあまりウケが良くない。

 たとえば、「IN THE SUMMER」は、ワン・ダイレクション「ワン・シング」、アリアナ・グランデ「ワン・ラスト・タイム」、レディ・ガガとBLACKPINKのコラボ曲「サワー・キャンディー」などを手がけたラミ・ヤコブ氏のペンによるものだったが、ネット上では「休止報告前の方が嵐らしい曲で好きだったな」「期待してたのに、残念すぎる新曲 あんなの嵐らしさ微塵もないし」「嵐に無理矢理英語しゃべらせないでくれ。普通に日本語の歌の方がいいし」と、ファンの評判は散々だった。

1 2

「嵐の英語曲が軒並み不評「日本語でいいのに」…ブルーノ・マーズ提供曲はどう受け止められる?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。