NiziUミイヒ・スランプで「自分の良さが…」J.Y. Parkも「本当に心が痛かった」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
NiziUミイヒ「自分の良さが分からなく…」つらいスランプを語る。J.Y. Parkも「本当に心が痛かった」の画像1

NiziU公式サイトより

 NiziUのミイヒが『Nizi Project』(通称:『虹プロ』/Hulu)のオーディション過程で陥ったスランプについて語り、ファンの間で話題となっている。

 NiziUメンバーひとりひとりに焦点を当てる番組『NiziU 9 Nizi Stories』(Hulu)。9月17日に配信された第8話の主役はミイヒだった。

 ミイヒは、マコ、リマと同じくJYPエンターテインメント練習生として『Nizi Project』のオーディションに参加した。JYPのスカウトマンに声をかけられ14歳で韓国に渡り、約7カ月ほど練習生としてレッスンを受けていたミイヒ。しかしJ.Y. Parkにパフォーマンスを見てもらったことはなく、オーディションがほとんど初対面だったという。

 不安を抱えてのスタートだったが、地域予選の審査からJ.Y. Parkが<スターになる準備ができている子。すべてが揃っている>と太鼓判を押し、その後も常に高い評価を獲得し続けた。

 特に絶賛されたのは、韓国での個人レベルテストで「Nobody」(Wonder Girl)を披露したとき。最愛の恋人と別れなければならない心の苦しみを歌った歌詞を分析するなど、ミイヒなりの解釈でつくりだしたステージは、それまでかわいらしいイメージだった彼女の印象を180度ひっくり返す素晴らしいものだった。

 そのパフォーマンスはJ.Y. Parkが<練習生として評価をするべきか、歌手として評価をするべきか分からないぐらい、まったく練習生には見えませんでした。他の事務所の練習生だったら、心の底から悔しかったと思います。奪いたいと思うくらい>と、これ以上ない賛辞を送るほどである。

 これで“デビュー”を手中にしたかに思われたが、その後、ミイヒは深刻なスランプに陥ってしまう。

1 2 3

「NiziUミイヒ・スランプで「自分の良さが…」J.Y. Parkも「本当に心が痛かった」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。