Snow Manラウールへのバッシングがあまりに酷すぎる 「ハーフにやらせんな」「追い込む」

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 思えばラウールはデビュー前から理不尽なバッシングを浴びてきた。もともと6人組だったSnow Man は昨年、ラウール、向井康二、目黒蓮が加入して9人組となったが、これに「6人組のままでよかったのに」と反発して新メンバーをバッシングするファンもおり、荒れに荒れた。

 また、2019年の大みそかに放送された『第70回NHK紅白歌合戦』のジャニー喜多川追悼企画でSnow Man、SixTONES、ジャニーズJr.が登場した際、ラウールはセンターでパフォーマンスを披露したのだが、Jr.としての下積みが長いメンバーも多数いる中、最年少のラウールがセンターに抜擢されたことに不満を覚えたSixTONESファンが怒りを爆発させて異常な行動に出ていた。

 ごく一部の人間ではあるが、「紅白でセンター取られて無理になりました。スト担総動員でラウールをパニック障害に追い込もうと計画中です」とSNSに書き込み、賛同者も現れるなどおかしな事態に。そしてさらに一部のSnow Manファンが「すの担総出で京本大我をパニック障害にしようと計画中です! 1番メンタル弱そうなんで! こっちも仕返しです」と応戦するなど、ファン同士の対立が激化してしまった。

 ラウールはSnow Man でのセンター抜擢だけでなく、DIORとのコラボリップや、メンズファッション誌『MEN’S NON-NO』(集英社)のレギュラーモデル就任など、現役高校生でスーパーアイドルという活躍ぶり。さまざまな分野で注目されている分、理不尽なバッシングを受けやすいところもあるだろう。それは本人も自覚しているようだ。Snow Manへの加入が決まった当初、「受け入れてもらえるか不安だった」と明かしている。

Snow Manラウール「ファンの人たちに受け入れてもらえるか不安だった」

Snow Man(スノーマン)の衝撃的なデビューから数週間、デビューシングルの売上はミリオン超えで快進撃は止まりません。しかし滝沢秀明氏による強…

Snow Manラウールへのバッシングがあまりに酷すぎる 「ハーフにやらせんな」「追い込む」の画像1
Snow Manラウールへのバッシングがあまりに酷すぎる 「ハーフにやらせんな」「追い込む」の画像2 ウェジー 2020.02.15

 そんなラウールを支えるのはやはり、全力で彼を応援するファンと、一番そばで見守るSnow Manの兄メンバーたちだろう。幸いなことに頼もしい兄貴たちが8人もラウールにはついている。ファン同士の抗争は、彼らを悲しませるだけだ。

1 2

「Snow Manラウールへのバッシングがあまりに酷すぎる 「ハーフにやらせんな」「追い込む」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。