三浦春馬さんドラマ『カネ恋』全4話でどう完結させるのか? 愛すべきキャラクターばかり、あらためて惜しむ声

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
三浦春馬さんドラマ『カネ恋』全4話でどう完結させるのか? 愛すべきキャラクターばかり、あらためて惜しむ声の画像1

『おカネの切れ目が恋のはじまり』公式サイトより

 7月18日に急逝した三浦春馬さんの最後の出演ドラマとなった『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)。『凪のお暇』などで知られる大島里美氏によるオリジナル作品だ。初回の平均世帯視聴率は11.6%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 三浦さんは亡くなる前日まで撮影に参加。俳優としての彼の最後の姿がおさめられた作品でもある。お蔵入りの可能性もあったが協議の結果、三浦さんの代役は立てず全4話完結に編集されることになった。

 9月15日放送の初回では、お金を正しく使うことにこだわる“清貧女子”・九鬼玲子(松岡茉優)と、お金にルーズな“浪費男子”・猿渡慶太(三浦春馬)、金銭感覚が真逆な二人の出会いが描かれた。

 中堅おもちゃメーカー・モンキーパスの経理部で働く27歳の玲子は、お金を無駄遣いせず、清貧(清く、貧しく、心静か)な暮らしに努める女性。モノを買うときは吟味し、一つのモノを長く大切に使い、壊れたら「繕う」。単なる倹約家ではなく、彼女なりの美学があるらしい。鎌倉の実家で暮らし、母・サチ(南果歩)は民宿を営んでいるのだが、そこに転がり込んでくるのが慶太だ。

 玲子は、社長(草刈正雄)の息子で営業部から経理部に異動となった33歳の慶太の指導を任される。アメリカ出張で776万円も使い込んでおきながらまったく悪びれないなど、とんでもない金銭感覚で社長を激怒させた慶太は、「お金の勉強」として経理部に左遷されたのだ。おまけに慶太は自宅マンションも追い出され、玲子の母が営む民宿に転がり込んだのだった。

1 2

「三浦春馬さんドラマ『カネ恋』全4話でどう完結させるのか? 愛すべきキャラクターばかり、あらためて惜しむ声」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。