山下智久、『亀と山P』リリースせず退所の方向か 違約金、今後の活動は?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
山下智久、『亀と山P』リリースせず退所の方向か 違約金、今後の活動は?の画像1

亀と山P「SI」初回生産限定盤

 少年隊の錦織一清と植草克秀が、2020年いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを発表した。それぞれ55歳と54歳。錦織は43年間、植草は約40年間のジャニーズ生活を振り返り、事務所に感謝のコメントを述べた。「一方、東山紀之はジャニーズ事務所に残り、来年以降も「少年隊」というグループは存続するという。

 だがもう一人、年内でのジャニーズ退所を噂されるタレントがいる。活動自粛中の、山下智久だ。

 バーで未成年女性と同席し、その後自らの泊まっていた高級ホテルに未成年女性を呼び寄せた山下。ジャニーズ事務所はバーで一緒だったKAT-TUNの亀梨和也に厳重注意、山下には活動自粛という処分を下した。

 亀梨と山下はユニットを組んでのアルバム『亀と山P』のリリースを控えていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でリリースが延期になり、いまだにこの発売日は未定のままだ。

「もともと、このアルバムをリリースしてプロモーション活動を終えたら退所する方向で話が進んでいました。けれど現在、“アルバムを出さずに退所”という普通なら有り得ない方向性で動いているようなんです。違約金の問題も出てきますし、そもそもジャニーズ事務所、というか滝沢秀明副社長は何がなんでも山下だけは真剣に引き留めようとしていました。けれど山下側は海外での活動をメインにしたがっています。正直、山下が海外で日本以上の人気を得られるか未知数ですが、本人は挑戦したいんでしょうね」(芸能関係者)

 山下の契約更新月は、毎年12月。退所か更新かの話し合いは現在進行形で続いているとみられる。

1 2

「山下智久、『亀と山P』リリースせず退所の方向か 違約金、今後の活動は?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。