山口達也、飲酒運転逮捕を「裏切り」「自分に甘い」と切り捨て…依存症の回復を妨げる報道

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
山口達也、飲酒運転逮捕を「裏切り」「自分に甘い」と切り捨て…依存症の回復を妨げる報道の画像1

山口達也

 元TOKIOの山口達也が酒気帯び運転の容疑で逮捕され、彼へのバッシング報道が相次いでいる。

 9月22日、山口達也は東京都内で大型バイクを運転し、信号待ちをしている車に追突。呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、道路交通法違反で現行犯逮捕された。

 山口達也は2018年に女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検され、芸能界を引退。そのときも酒に酔っていたとされ、アルコール依存症を疑われた。山口本人は依存症であることを否定したが、TOKIOメンバーが当時開いた会見では松岡昌宏が<正直僕らはアルコール依存症だと思っていました>と発言している。

 前回の騒動から2年、山口達也は再びアルコールで問題を起こしてしまったわけだが、一般人になったにもかかわらずこの追突事故を各ワイドショーは非常に大きい扱いで報じている。山口を強く叱責・糾弾するコメントも多い。

 9月22日放送『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、「山口達也逮捕」を速報。宮根誠司が、山口の芸能界復帰の噂について触れながら<なんでまたお酒飲むかな>と呆れた様子で語り、コメンテーターの梅沢富美男も<どうして酒で失敗したのにな>と話した。

 また、加藤浩次は23日放送『スッキリ』(日本テレビ系)で、<飲んだ時点でアルコールが自分の体の中にあるなという時に、乗ってしまっているということね、バイクにね。友達の家が近いのかどうなのかわからないけど、そこの甘さがやっぱりダメだなとボクは思っちゃうね>と山口の“甘さ”を糾弾した。

1 2

「山口達也、飲酒運転逮捕を「裏切り」「自分に甘い」と切り捨て…依存症の回復を妨げる報道」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。