かねこあや「元婚約者の中には亡くなっている方が本当にいる」 扶桑社は編集の関与を全面否定、絶版を決定

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 長く炎上中のYouTuberかねこあやが、昨年出版した著書『中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ』の内容に一部脚色があったことから、出版社である扶桑社と協議し、絶版処分となったことを自身のYouTubeチャンネルで報告した。

 かねこあやは23日にUPした動画で「大変申し訳ありませんでした」と頭を下げ、「亡くなった元婚約者」について以下のように説明した。

・元婚約者の中には亡くなっている方が本当にいる。しかし、書籍に登場する「婚約者」はこの亡くなった人でない。

・本の中に書かれている「元婚約者」とかねこあやは知人の紹介で知り合い、結婚を約束し合い同棲したものの、元婚約者がすでに結婚していることが判明した。かねこあやは激しいショックを受け、通常の生活がままならないほど病み、何度も自殺未遂を繰り返し、精神科に通院する日々を送った。

・その際、彼の妻子に対する罪悪感から心がいっぱいになり、自分が生きていくためにも、彼から逃げて自立しなければならないと考え、Youtubeというプラットフォームを選び、仕事をするようになった。

・YouTuberとして表舞台で仕事をするにあたり、プライベートな話を気を付けないといけないと思い、元婚約者の存在が露呈したときへの対策として、元婚約者を亡くなったことにすることに決めた。

 そういった事情があったとした上で、かねこあやは次のように話した。

<元婚約者はもちろんのこと、何の罪もない、傷つく必要のないはずの元婚約者の子供を守りたい一心で、世間に自分の事に関して、事実とは違うことを発信してしまいました。今回、それらの私の過去の一連の事柄の一部だけが第三者の発言により、世間に露呈し、その一部が湾曲し、曲解され、虚位の事実が事実として勘違いされてしまっているので、私がどうなっても隠し続け、守り続けなければならないものを自らの口で話すこととなりました>

 かねこ曰く、本当に亡くなった婚約者については、「遺族の方に連絡と謝罪をしに行った」とのこと。一部のネットユーザーが詮索や特定を行おうとするのを目の当たりにした遺族から、「これ以上特定されたくない」「ゆっくり過ごさせてください」と言われたことから、今後一切、かねこあやの口から亡くなった元婚約者の情報について話すことはないという。

1 2

「かねこあや「元婚約者の中には亡くなっている方が本当にいる」 扶桑社は編集の関与を全面否定、絶版を決定」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。