不倫の瀬戸大也 妻・優佳さんが明かしていたワンオペ育児と自由すぎる性格

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
不倫の瀬戸大也 妻・優佳さんが明かしていたワンオペ育児と自由すぎる性格の画像1

瀬戸大地Instagramより

 競泳・瀬戸大也の不倫が発覚し、妻で元飛込競技選手の馬淵優佳さんのSNSには、彼女を慮るコメントが殺到している。

 優佳さんは今年3月に第2子を出産したが、週刊誌等の報道によると、瀬戸と相手女性との関係は2019年2月~6月ごろに始まったとみられており、第2子妊娠中から瀬戸は不倫をしていたようだ。

優佳さんはワンオペ育児で夫をサポート

 優佳さんは飛込で世界選手権に出場するトップアスリートだったが、瀬戸大也との結婚を機に引退。2017年11月放送の『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)では、アスリートの妻として瀬戸のサポートに専念するか、競技を続けるかの葛藤を明かしていた。

 番組では、夫婦で参加した瀬戸のオーストラリア合宿に密着。合宿中は食事をつくるなど瀬戸のサポートにまわっていた優佳さんだが、番組スタッフに対して<飛び込み競技をどうするかっていうのは、まだ決断できていなくて>と吐露。しかし、合宿最終日には決意が固まったようで、引退し瀬戸の競技人生を支えると宣言していた。

<今、すごい中途半端で、さまよっているんですけど、一度決めました。彼の競技人生を支えるのが、今は一番かなと思っています>
<彼をサポートしていきたいと思うし、その先に金メダルがあって、夫婦でとった金メダルになったら最高の人生だと思います>

 その言葉通り現在に至るまで、優佳さんは瀬戸のよき理解者で、彼が競技に専念できるように尽くしてきたようだ。

 今年8月公開の「たまひよONLILE」の取材では、夫には競技に専念してもらうため育児はほぼワンオペで自分の時間がないと吐露しながらも、<自分で決めたことですし、夫には絶対目標をかなえてほしいと思っています>と、希望を語っていた。

 また、昨年11月公開の「女性自身」のインタビューでは、瀬戸のポジティブで自由な性格に向き合いながら生活していると話している。ちなみに、記事のタイトルは<水泳金メダル候補・瀬戸大也の操縦法 妻・優佳さんが明かす>だ。

 2018年に第1子を出産した際、優佳さんは「自分のやりたいことができない」と気分が沈むこともあったというが、そんな彼女に瀬戸は<たしかに早くに母親になったけど、そのぶん、(子どもにかかりきりの時期が)終わるのも早いよ。そのあと、やりたいことができるじゃん>との言葉をかけたそうだ。こうした前向きな瀬戸の性格に、優佳さんは励まされているという。

 さらに、優佳さんによると瀬戸は自由人であり、大会シーズン終了後に「佐渡国際トライアスロンに出る」と言い出すこともあった。優佳さんはトップアスリートとして体調を管理する責任があるとして反対。しかし瀬戸は<そんなことを言ったら、俺は何もできないじゃん>と反発し、そこから優佳さんは「頭ごなしにダメ出しするのは瀬戸にとって苦痛」だとして、落としどころを見つけるように考え方を直したそうだ。

 瀬戸の自由すぎる性格が仇となった今回の不倫騒動。優佳さんは<私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております>とのコメントを発表している。

1 2

「不倫の瀬戸大也 妻・優佳さんが明かしていたワンオペ育児と自由すぎる性格」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。