竹内結子さん自死報じる『Mr.サンデー』の演出が悪質! 出演ドラマの号泣シーンや生死に言及する場面を流す

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

『Mr.サンデー』は三浦春馬さんの自死報道でも物議

 『Mr.サンデー』は三浦春馬さんが亡くなった際の報じ方も物議を醸していた。

 番組では三浦さんが亡くなった翌日、7月19日の放送で三浦さんについて特集。冒頭から、彼が20歳の時にイベントで語っていた「親よりも先に死ぬことは親不孝」という言葉を流した。

<(小学校の)卒業式が終わった後に担任の先生から一言もらう時間があったんですけど
一番の親不孝は親より先に死んじゃうことだよっていうことを言いまして……>

 その後も、今年4月の誕生日に配信したインスタライブで、三浦さんが生きることへ前向きな発言をしていたシーンを抽出。

<つらいことの後には絶対に素晴らしいことが待っているってふうに信じて前を向いていきたいですね
頑張りましょう>

 また番組スタッフは、三浦さんが行きつけだったパン屋を経営するご夫婦を取材し、取材中に妻が泣き出す場面も放送された。

 竹内結子さん、三浦春馬さんの特集共に、『Mr.サンデー』の編集は、意図的に視聴者の悲しみを煽っていると言える。また、亡くなった彼らと親交のあった人々が番組を観た場合、苦しみに気がつけなかった自分を責めることにもなりかねない。

 特集の終わりには取ってつけたように、厚生労働省の「いのちの電話」が紹介されたが、相談窓口を紹介すればいいというわけではないだろう。WHOの『自殺報道ガイドライン』を踏まえた報道を徹底してほしい。

1 2

「竹内結子さん自死報じる『Mr.サンデー』の演出が悪質! 出演ドラマの号泣シーンや生死に言及する場面を流す」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。