三浦春馬さん、激やせが波紋「こんなに痩せていたのに…」亡くなる直前の撮影ドラマ、放送のたび話題に

文=田口るい
【この記事のキーワード】
三浦春馬さん、激やせが波紋「こんなに痩せていたのに…」亡くなる直前の撮影ドラマ、放送のたび話題にの画像1

2019年、第14回ソウルドラマアワードでの三浦春馬さん/GettyImagesより

 三浦春馬さんの最後の出演ドラマとなった『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)。全4話で29日には第3話が放送されるが、ファンの間では劇中での三浦さんの“激やせ”が指摘されている。

 三浦さんは亡くなる前日もドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の撮影に臨んでいた。放送日には三浦さんのインスタグラムにファンからのコメントが殺到。三浦さんがいかに多くの人に愛されていたのかがよくわかる。

 だがネットでは<カネ恋の春馬くん、痩せすぎてて心配です><もともと痩せ型ではあったけれど連ドラの映像見るとあまりのやつれ方に愕然としたよ><ドラマで食べてるシーンで安心するほど栄養足りてない感じする>と、死去直前の体調が相当悪かったのではないかと慮るファンの声が絶えない。

 三浦さんは生前、撮影に合わせて7~8キロの減量・増量を行うなど、ストイックに役作りしていたことでも知られるため、<慶太さんとしての役どころとして、筋肉バッチリオーラ出まくりの出来る男感でていたら、それは慶太さんじゃない 春馬さまになってしまう>と分析し、痩せていたのはあくまでも役作りの一環だったと見る向きもある。もともと痩せやすい体質ではあったようだ。

1 2

「三浦春馬さん、激やせが波紋「こんなに痩せていたのに…」亡くなる直前の撮影ドラマ、放送のたび話題に」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。