TWICEの過重労働を心配するファンの声が再燃!「物としてしか見てない、かわいそう」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 2018年には、ジョンヨンが配信コンテンツ『TWICE TV』にて、年末の過密スケジュールで疲弊しきっていると涙ながら告白していた。

<メンバーたちも、すごくすごく大変な思いをしている状況です。隣で力になってあげたいのに、力になってあげられないような気がして、申し訳ない気持ちになって。いつもファンの方々にも笑う姿だけを見せないといけないのに、辛い姿を隠しきることが出来なくて、申し訳ないです>

 2019年のワールドツアーを追ったドキュメンタリー『TWICE:Seize The Light』でも、チェヨンが<やりがいはあるけど、忙しすぎて寝る時間もありません。やることが多いのに時間が足りなくて。期待は裏切れないし、ファンの皆さんや家族もいます。頑張り続けることへの疑問は何度も抱いたことがあります>と赤裸々な告白をしている。

 TWICEは2015年に放送されたオーディション番組『SIXTEEN』(Mnet)の合格者によって結成されたグループ。同年のデビュー後すぐに大ブレイクし、K-POP女性アイドルグループを代表する存在となった。それからいまにいたるまで休みらしい休みもなく、スケジュールは過密になるばかり。

 過密スケジュールは人気アイドルの宿命なのかもしれないが、工夫次第ではやりくりすることも可能だろう。たとえば、BTSは2019年の夏におよそ1カ月にわたる長期休暇を取得している。

 TWICEにもこうした休養をあげてほしいとするファンの声が上がったのはこれまで一度や二度ではない。しかし、TWICEの所属事務所であるJYPエンターテインメントはなかなかその求めに応じない。

1 2 3

「TWICEの過重労働を心配するファンの声が再燃!「物としてしか見てない、かわいそう」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。