熊本・私立高校の暴行動画、加害生徒の名前を炎上系YouTuberが拡散

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
熊本・私立高校の暴行動画、加害生徒の名前を炎上系YouTuberが拡散の画像1

GettyImagesより

 熊本県内の私立高校において、男子生徒間で暴行を振るう動画がSNS上で拡散され問題となっている。

 動画は30秒ほどの長さ。床に座り込んでいる生徒Aを別の生徒Bが蹴り、ベルトのようなもので叩く。すると、さらに別の生徒Cが暴行を加えた生徒Bを殴りはじめる。殴られている生徒Bは後ずさりするが抵抗はしておらず一方的に暴行を受けていた。当事者3人の周囲には多くの生徒がいたものの、誰も止めに入る様子はなかった。

 この動画は9月24日くらいからSNS上で拡散されはじめ、「日常的に生徒間で暴力を振るうなどの行為がされているのでは?」との憶測が広まっている。

 さらにネット上では、学校名や加害者の名前を特定する動きが勢いを増している。「学校名は?」「加害者の名前は?」などといった情報を載せるトレンドブログが多数公開されているほか、迷惑・炎上系YouTuber・よりひともこの拡散に加担。自身のTwitterで問題の動画と高校名、当事者の生徒の名前を投稿し、ユーザーを煽った。

 しかし、高校名も加害者とされる生徒の名前も、どこから流出したものかはわからず、真偽はまったくもって不明だ。衝撃的な動画であることは確かだが、関係のない第三者が「許せない」として、不確かな情報を拡散していいはずがない。それがデマや誹謗中傷につながり、別の被害者が発生しかねない。

1 2

「熊本・私立高校の暴行動画、加害生徒の名前を炎上系YouTuberが拡散」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。