堺雅人が長期休養へ? 『半沢直樹』後に出演作品が途絶える理由

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 『半沢直樹』の撮影は7カ月にも及び、出ずっぱりの堺は相当にハードだったようだ。コロナの影響で撮影が中断したうえ、緊急事態宣言が解除された後も制作スタッフにコロナ感染者が出て撮影休止を余儀なくされている。9月6日放送予定の第8話は制作が間に合わず、急きょキャスト参加のトーク番組を生放送するという異例の事態も。

 「女性自身」(光文社)によれば、「朝方近くまでセリフを覚え、翌日も早朝から撮影に向かう」というスケジュールで、睡眠時間がわずか2時間という日もあったという。堺がクランクアップしたのは放送日わずか3日前の24日夜。スタッフから花を手渡された堺は、感極まった様子で『半沢直樹』撮影の感想をこのように語っていた。

<本当に暑い中……最初は寒かったし。暑い中、本当に重い物を持ったりね、寝ずに頑張ったり。こんなに大変な中、企画も大変だったと思いますし。毎日毎日がこんなに大変な中に、よくやってくださったなと思います。おかげでとっても楽しい7カ月でした。なんか終わるの嫌だなぁって感じです。本当にありがとうございました!>

 ここからはおそらく、菅野とバトンタッチして家事育児に集中するのだろう。家事育児もまた楽な仕事ではないどころか大変な重労働だが、これまで家にいられなかったぶん、子どもたちとたっぷり時間を過ごしてほしい。

1 2

「堺雅人が長期休養へ? 『半沢直樹』後に出演作品が途絶える理由」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。