マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?

文=A4studio
【この記事のキーワード】
マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像1

魚が主役のハンバーガーを食べ比べ

 ハンバーガーのメイン食材には、牛肉や鶏肉などのお肉が使われることが多いですが、ハンバーガーチェーンでは白身魚のフライを挟んだハンバーガーも定番メニューとしてラインナップされていますよね。今回は日本の大手ハンバーガーチェーンである「マクドナルド」と「モスバーガー」の、白身魚を使ったハンバーガーを比較していきます。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像2

1971年に日本へ上陸したマクドナルド

 マックから取り上げるのは「フィレオフィッシュ」。スケソウダラが原材料のフィッシュポーションがサンドされた商品です。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像3

日本生まれのモスバーガー

 一方のモスからは、「フィッシュバーガー」をピックアップ。こちらはホキという白身魚のフライが主役のハンバーガー。

 それではさっそく、「フィレオフィッシュ」と「フィッシュバーガー」それぞれの特徴を探っていきましょう。

マック「フィレオフィッシュ」は衣と魚肉の食感の違いが楽しい逸品!

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像4

包装紙ではなく専用のパッケージに入れられています

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像5

フィッシュポーションがバンズからはみ出しています!

 「フィレオフィッシュ」の価格は税込340円で、低価格な商品が多いマックのなかではやや高価。その反面、お肉を使っていないためか、エネルギーは323kcalと比較的低カロリーに落ち着いています。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像6

チーズとタルタルソースがちらり

 ひと口食べてまず印象的なのはサクサクの衣。この歯ごたえが、ハンバーガー全体の食感を立体的にしてくれています。中身の魚肉はしっとりとまとまりのある質感なので、サクサク食感の衣とのコントラストが浮き彫りに。揚げ物でありながら、最後まで食べ飽きない美味しさに仕上がっています。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像7

フィッシュポーションはびっしりと身が詰まっています

 また、柔らかなバンズやチーズのまろやかな風味が、バーガー全体を優しくまとめあげているように感じられました。タルタルソースはやや控えめな味つけなので、フィッシュポーションそのものの旨味がしっかりと味わえるようになっているのですが、濃い目の味つけが好きな方にとっては物足りなく感じられるかもしれません。

モス「フィッシュバーガー」は魚肉の食感がしっかりと感じられて美味!

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像8

専用シールで包装紙がとめられています

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像9

バンズから飛び出すほどボリューミーなフィッシュとチーズ

 「フィッシュバーガー」の価格は税抜315円と、モスのレギュラーハンバーガーのなかではお手頃な値段設定。エネルギーもやや低めな390kcalとなっています。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像10

見た目からフィッシュの厚みが感じられます

 実際に食べてみると、最初に濃厚なマヨネーズのテイストが口の中に広がり、あとからフィッシュの味わいが感じられました。魚肉がパラッとしているため魚を食べているという実感が強く得られ、しっとりしたマヨネーズとも好相性に思えます。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像11

カロリーハーフのマヨネーズがたっぷり

 オニオンは瑞々しいだけでなく、食感が際立っているのでバーガー全体のアクセントとしても機能していました。ただ、フィッシュの衣やチーズについては魚肉やマヨネーズの主張が強いためか、あまり食感や風味が感じられず、少し残念に感じられました。

マックとモスの魚バーガー徹底比較!

 まず、価格についてはマックの「フィレオフィッシュ」もモスの「フィッシュバーガー」も大差はありません。エネルギーについては、マックのほうがやや低い数字となっています。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像12

左のマックも右のモスもボリューム満点

 味については同じ魚バーガーでありながら対照的。特に魚肉については、「フィレオフィッシュ」はしっとりとしており、サクサクな衣とワンセットという印象があるのに対し、「フィッシュバーガー」は魚肉がパラパラとしており、味だけでなく食感の主張も強いものとなっています。

マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?の画像13

横長か縦長かの違いはありますが魚のボリュームは大体同じ

 総括すると、さっぱりとした味付けで衣の食感も一緒に楽しみたいのであれば「フィレオフィッシュ」が、ガツンとした味わいと魚のクリアな存在感を感じたいのであれば「フィッシュバーガー」がベストな選択だと思われます。

 しかしながら、2品ともしっかりと魚の美味しさが感じられるハンバーガーとなっているので、どちらがより好みに感じられるか食べ比べてみるのもおすすめです。

「マックのフィレオフィッシュは衣がサクサク! モスとは魚肉の食感に驚きの違いが…!?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。