石田ゆり子「とんでもなく私のことを嫌いな人もいる」 粘着クソリプが止まぬInstagram

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 彼女はその後も更新を続けているが、昨年9月には取材での違和感を吐露し、またしても物議を醸した。石田によると、あるインタビューを受けた際、インタビュアーが聞いてくる内容が石田のInstagramから拾ってきたものばかりだったそうだ。<私の暮らしはインスタの世界がすべてではないのに>と不満を覚えたという。

 石田を批判する要素は特になさそうな投稿だが、一部のユーザーは「そのインタビュアーが呼んだら傷つく」などとして石田をバッシング。この文章も削除したが、彼女にとっては不本意な選択だっただろう。写真はそのままで以下の文章に書き替えていた。

<削除はしたものの やはりモヤモヤはしますが マッシュとの写真は残しておこう。
ちなみにこれは本日の取材ではありません(泣き笑いの絵文字が末尾にあり)
気持ちを切り替えて明日に備えます。おやすみなさい>

 見知らぬ誰かと温かい言葉を交わすこともあれば、逆に不躾なリプライで傷つけられることもあるSNS。石田ゆり子もこうしたやりとりで疲弊しているのかもしれない。ただでさえ今は、芸能界では訃報が続き、動揺していない芸能人はいないだろう。投稿はそのまま続け、コメント欄を閉鎖するという選択肢もありではないだろうか。

1 2

「石田ゆり子「とんでもなく私のことを嫌いな人もいる」 粘着クソリプが止まぬInstagram」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。