後藤真希、完全復活の裏側を公開! たった3時間でAKB48センター、別格の圧巻パフォーマンス

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 後藤真希が9月30日放送の音楽特番『テレ東音楽祭2020秋』(テレビ東京系)に生出演し、一夜限りで現役アイドルに戻って、AKB48のセンターを務めた。パフォーマンスを見た視聴者は「当時もセンターのオーラがスゴイな!って思ってたけど、今も変わらないのがホントにすごい!!」「今回の歌番組に出たアイドルで1人だけ別格に輝いていた」と絶賛。それもそのはず、センターに立った後藤真希のアイドルぶりは素晴らしかった。

 キレッキレのダンスに余裕たっぷりの笑顔。たった数日練習しただけとは思えない貫録で、「これぞアイドル」というパフォーマンスを見せた後藤真希。このパフォーマンスの舞台裏を後藤真希が自身のYouTubeチャンネル「ゴマキのギルド」で公開している。

 動画には後藤のプロフェッショナルぶりがありありと映っていた。ダンス練習初日、後藤は黒いキャップに黒いマスク姿で現れ、「(曲の)尺が3分半くらいだったと思うんですけど……何年も(ダンスを)やってないんで、3分半、私は一体持つのだろうか……」と不安げな様子だったゴマキ。

 しかし、いざ練習が始まると、たった3時間で発表する3曲のダンスを全て覚えてしまった。たった3時間で、だ。「ヘビーローテーション」では複雑な手の動きが連続するダンスもあるのだが、後藤は「苦手なパターン」と言いながらも、AKBメンバーとの合同リハーサルでは完璧に踊ってみせた。多忙なAKBメンバーと後藤が一緒に練習できるのは1日限り。それでもダンスはビシッと決めた。

 後藤と踊ったAKBメンバーは、そのパフォーマンスに衝撃を受けたようで、一人が「ヘビロテの最後のポーズの角度が完璧すぎて。終わった後にニコって!すごいと思って!リハーサルからそんな可愛くて大丈夫ですかって(感動した)。黄金比率のポーズを全て知ってるんだなっていうのを感じて勉強になりました」とカメラの前で語っている。

 特に後藤の大ファンを公言するゆきりんは、「こんな貴重な経験、(大ファンの)私としてもそうですし、AKBにとっても本当にすごく貴重な経験になると思うので、いっぱい吸収していいパフォーマンスを一緒にできたらいいなと思っています」と、後藤と共演できることに感動している様子だった。

 ただ、AKBメンバーには「完璧」と称賛されたゴマキだが、彼女にも悩みはあった。

1 2

「後藤真希、完全復活の裏側を公開! たった3時間でAKB48センター、別格の圧巻パフォーマンス」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。