長澤まさみ、インスタ停止…共演者の相次ぐ自死で憔悴と報道、元恋人の逮捕、マネージャーとも決別

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

長澤まさみ、マネージャーの独立と死別

 長澤まさみは12歳で「東宝シンデレラオーディション」のグランプリに選ばれ、芸能界デビュー。2004年公開の映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』のヒロインを演じて大ブレイクし、10代からずっとトップ女優の道をひた走ってきた。

 そんな彼女を育てたマネージャーたちとも、ここ数年の間に別れが訪れていた。

 一人はかなりの敏腕と評判で上白石姉妹も育ててきたというA氏だ。長澤との信頼関係も厚かったA氏だが、2018年3月に東宝芸能から独立。そしてもう一人、長澤のマネージャーを長年務め、不倫騒動を起こした斉藤由貴を親身になって支えたB氏も、浜辺美波の担当になってすぐの2018年5月に突然死している。

 親しい人々との別れが相次ぐ中で、長澤まさみの憔悴はいかばかりだろうか。彼女は8月17日以降Instagramを更新しておらず、現在もファンからは「無理しないでください」「元気ですよね?」といった心配のコメントが多数寄せられている。

1 2

「長澤まさみ、インスタ停止…共演者の相次ぐ自死で憔悴と報道、元恋人の逮捕、マネージャーとも決別」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。