ヒロミのSixTONESジェシーへの態度が「パワハラでは」と物議 実は滝沢秀明氏の恩人「ジャニーズJr.を守るための行動してくれた」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
ヒロミのSixTONESジェシーへの態度が「パワハラでは」と物議 実は滝沢秀明氏の恩人「ジャニーズJr.を守るための行動してくれた」の画像1

SixTONES

 SixTONESのジェシーに、タレントのヒロミがパワハラをしているのではないかとして、一部のファンが怒りをあらわにしている。

 発端は5日の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で放送されたジェシーとヒロミのDIY企画「八王子リホーム」でのやりとり。この日、2人は半年かけて作り続けてきた「自給自足ハウス」の石壁作りに取り組んでいたが、作業に苦戦するジェシーに対してヒロミは「壁にくっつけて、もっと押し付けて」とアドバイスしつつ、「『はい、はい』言っても全然できてねぇ。返事だけは良いんだよ」と発言。

 それを聞いたジェシーが「返事良くなりました?」と反応すると、ヒロミは「『はい』だけだよ、この野郎。言うこと聞いてねぇじゃねぇか」と一喝。それでもジェシーは「やってるんですけど……」とこぼしていたが、「『けど』はいらねぇつってるだろ!」とまたしても厳しくツッコまれていた。

 同企画は、天然キャラでボケまくるジェシーに対して、ヒロミが鋭いツッコミを入れるという流れがお決まりだが、今回のやりとりについて一部ファンからは「ヒロミってパワハラ上司感強すぎ」「なんでいちいちあんなに当たり強いの?」といった指摘が出ている。

 しかし、一方では「ヒロミさんがきっちり叱ってくれるのは愛があるからこそ」「ヒロミさんは口悪いけどジェシーに優しいのがわかる」といった声もあり、不満を訴えるファンを嗜める動きも。見る人によって印象が大きく変わるのは、ヒロミとジャニーズタレントとの長い歴史を知っているか否か、が関係しているのかもしれない。

滝沢秀明氏が感謝したヒロミの「ジャニーズJr.を守るための行動」

 ヒロミといえばジャニーズタレントとの親交が深く、“ジャニーズのお父さん”としてファンからも親しまれている存在。ジャニーズタレントのファンから「うちの○○くんをよろしくお願いします」と手紙をもらうことまであるという。

1 2

「ヒロミのSixTONESジェシーへの態度が「パワハラでは」と物議 実は滝沢秀明氏の恩人「ジャニーズJr.を守るための行動してくれた」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。