ヒロミのSixTONESジェシーへの態度が「パワハラでは」と物議 実は滝沢秀明氏の恩人「ジャニーズJr.を守るための行動してくれた」

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 ヒロミは1998年から1999年まで放送されていた『8時だJ』(テレビ朝日系)で、Jr.時代の滝沢秀明氏とともにMCを務めており、デビュー前の嵐や関ジャニ∞のメンバーとも共演。特に嵐のメンバーとは現在も付き合いが続いており、彼らのライブに参戦したり、飲みに行ったりすることもあるとのこと。

 『8時だJ』は、2018年12月に『超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ』(同)として20年ぶりに特別番組で復活。その際、嵐の櫻井翔は『8時だJ』出演当時の自分はあまり目立たない存在だったものの、トーク中にヒロミが話を振ってくれたことで自身の考えが変わるきっかけになったと明かしていた。

<チャンスを与えてくださったし、与えてくださったチャンスは自分から掴みに行かなきゃならないって強く思いましたね>

<あの1回で僕はおそらく番組に臨む気持ちも変わりましたし、今僕がここに座れているのもあの1回のおかげかもしれないと思っています>

 また、以前『有吉ゼミ』のDIY企画でヒロミと共演していた滝沢秀明氏は、番組卒業時にヒロミへ感謝の手紙を読み、『8時だJ』収録時のエピソードを明かしていた。

<番組内で棟梁(ヒロミ)が激怒し、収録が中断したこともありましたね。しかしそれは、横柄なゲストに困っていた僕たちJr.を守るための行動でした>

<周りの大人は怖れていたかもしれませんが、僕にとってはとても頼りになる兄貴のような存在。常に僕たち1人1人の事を気にかけて下さる事に感謝の連続でした>

 滝沢氏はこの時、芸能界を引退してジャニーズ事務所でタレント育成に専念することを、親より先にヒロミに報告したとも明かしていた。

 それを受けてヒロミは<早くプロデュースしたアイドルが世に出て、滝沢がプロデュースした結果が出ればいいなと思っています。僕ができる範囲のところではいろいろ手伝っていきたいなとも思ってますんで、ぜひぜひ早めにアイドルを作ってください>と語っている。

 そして滝沢氏の後継者としてDIY企画に参加したのが、ジェシーである。滝沢がプロデュースしたSixTONESのジェシーに愛ある指導をしているのも、こうした想いからなのだろう。

1 2

「ヒロミのSixTONESジェシーへの態度が「パワハラでは」と物議 実は滝沢秀明氏の恩人「ジャニーズJr.を守るための行動してくれた」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。